このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『いちきゅーきゅーぺけ』(甘詰留太)ロングレビュー! マンガの森(書店)に並んだエロマンガってすごかったんだぜっ!

2015/06/10


ichikyukyuPEKE_s01

『いちきゅーきゅーぺけ』第1巻
甘詰留太 白泉社 \600+税
(2015年4月28日発売)


人の家の本棚を見るのが好きだ、という人は少なくないだろう。
そこに並んだ本は、その人のもうひとつの脳内といえるものだからだ。

しかし、18禁本が並ぶ(あるいは本棚には並べられず隠された)一角だけは、直視をためらってしまうことが多い。
そこには、脳内を突き進んだ一番奥の、その人の触れてはいけない闇の部分が広がっているように思えるから。

『いちきゅーきゅーぺけ』の舞台は1994年。
エロマンガに魅せられ、ひとり隠れてエロ妄想をイラストに描く田舎育ちの主人公・中井純平は、W大学に合格し上京する。
地元ではありえなかった、壁一面に成年マンガが並ぶ専門店内の光景に胸踊らせたのもつかの間、そこで偶然出会ったエロマンガ愛好家の褐色美女、桜町・クリス・真綾に誘われ、マンガサークル「ひねくれっ子マンガ集団」に入部することに――。

作者はプラトニック(!)なSMラブコメディ『ナナとカオル』など、フェティシズムとエロティシズムと教育的配慮(SMのSはサービスのSだし、指輪と首輪っておんなじだよねと悟ることうけあい)に満ちた作品で知られる甘詰留太。
1994年に早稲田大学に入学し、マンガサークル「いじけっ子マンガ集団」を経て成年マンガ家としてデビューした甘詰による、半自伝的といえる作品だ。

宮崎勤事件の影響も残る時期に、山に囲まれた田舎町の自室でひとり、エロ妄想を絵にしているところから物語ははじまる。

宮崎勤事件の影響も残る時期に、山に囲まれた田舎町の自室でひとり、エロ妄想を絵にしているところから物語ははじまる。

本作を漫画家マンガやオタクサークルものの系譜に位置づけるとすれば、いわば(帯にコメントを寄せている木尾士目の)『げんしけん』(00年代/10年代)以前、『アオイホノオ』(80年代)以後の時代を駆けぬける、90年代「エロまんが道」としても読むことができるだろう。

ichikyu04s

単行本情報

  • 『いちきゅーきゅーぺけ』第1巻 Amazonで購入
  • 『ナナとカオル Black Label』… Amazonで購入
  • 『ナナとカオル』第15巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

2月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • konyahatsukiga300_65-2