このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『椿町ロンリープラネット』 (やまもり三香)ロングレビュー! 女子高生家政婦は見た!? クールでフキゲンでちょっと性格の悪い(?)小説家(同居中)の本性を

2015/10/07


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

今回紹介するのは『椿町ロンリープラネット』

tsubakichouLonelyPlanet_s01

『椿町(つばきちょう)ロンリープラネット』第1巻
やまもり三香 集英社 ¥400+税
(2015年8月25日発売)


椿町3-1-5。
角の曲がり坂を登ったところにある、椿の見えるクラシカルな日本家屋。
時代小説家、木曳野暁(きびきの・あかつき)が暮らす家である。
父親が借金を背負ってしまったため、ここに住み込みで家政婦をすることになったのが、主人公の大野ふみだ。
「くよくよしたってお金は貯まらないし、まずは銭を稼いでからですよ!」
決意を胸に、木曳野家へ「奉公」にやってきたふみだが――。

『ひるなかの流星』で人気を博したやまもり三香の新連載、女子高生家政婦とクールな小説家をめぐる物語『椿町ロンリープラネット』は、このようにして幕を開ける。

tsubaki_4c03 さて。
玄関を開けると、いきなり廊下での行き倒れである。

ふみの天然度合いがよくわかるシーン。某有名家政婦の絵が非常に似ているのもすごい。

ふみの天然度合いがよくわかるシーン。某有名家政婦の絵が非常に似ているのもすごい。

ふみという名前から、ベテラン家政婦だと決めつけていた暁。
また、ふみもふみで、文豪の老人を想像していたため、お互いの第一印象は正直おめでたくないものであった。

ふみはまじめで、(家の事情のためやむをえずそうなったこともあるのだろうが)家事の得意な少女だ。
きっちりとハウスキーピングをこなし、料理もお手の物。
が、仕事に没頭する暁は常に不機嫌で、暁を気づかうふみを邪魔もの扱いする。
しかし幼なじみの担当編集である金石に、ふみは父親が出稼ぎに出ていて、今はひとりぼっちで帰る家もないと聞き、暁の気持ちは変わった。

追い出したような形になってしまったふみを連れ帰り、「ただいま」と言わせる暁。顔は怖いけど、言葉はすごく優しい。

追い出したような形になってしまったふみを連れ帰り、「ただいま」と言わせる暁。顔は怖いけど、言葉はすごく優しい。

かくして、2人の間の溝は徐々に埋まり、小説家と女子高生の同居生活はスタートするのだった。

tsubaki_4c02

単行本情報

  • 『椿町ロンリープラネット』第… Amazonで購入
  • 『ひるなかの流星』第1巻 Amazonで購入
  • 『シュガーズ』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]