このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『金の国 水の国』(岩本ナオ)ロングレビュー! 『町でうわさの天狗の子』から2年半ぶりの最新刊! 「このマンガがすごい!WEB」9月のランキング・オンナ編第1位作品はおとぎ話風ファンタジー

2016/09/21


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

今回紹介するのは『金の国 水の国』

『金の国 水の国』著者の岩本ナオ先生から、コメントをいただきました!

著者:岩本ナオ

久しぶりに単行本でました。
楽しんでいただけたらうれしいです。
9月から新連載が始まるので、そちらもよろしくお願いします。

☆「月刊フラワーズ11月号(9/28発売)」より岩本ナオ先生の新連載『マロニエ王国の七人の騎士』がスタート! 
くわしくは月刊フラワーズ公式HPへ!

kinnokunimizunokuni_s01

『金の国 水の国』
岩本ナオ 小学館 ¥593+税
(2016年7月8日発売)


『町でうわさの天狗の子』『雨無村役場産業課兼観光係』など、現代日本の田舎を舞台にしたマンガで、高く評価されてきた岩本ナオ。2年半ぶりの新単行本は意外にも、王国やお姫様が出てくるおとぎ話風のファンタジーである。
細部まで描きこまれたオリエンタル風の背景に、期待が高まる。

すみずみまでこだわりぬいた細密画のようなA国の風景。あたたかな描線は親しみやすく、見ているだけでも楽しい!

すみずみまでこだわりぬいた細密画のようなA国の風景。あたたかな描線は親しみやすく、見ているだけでも楽しい!

ご近所トラブルのような理由で対立し、「犬のうんこ」が決定打で戦争が勃発したA国とB国。
神さま(魔女っ子風の杖装備)の仲裁で、A国からは国で一番美しい娘、B国からは一番賢い若者を送り、結婚させることになる……。
とまあ、導入部から幻想的だがとぼけたコメディ風味だ。

とはいえ仲の悪い国同士のこと、この約束を守るわけはなく、A国は妾の末娘でぽっちゃりした第93王女サーラが若者と縁組することに、B国は族長の命で図書館長の息子で、現在無職のナランバヤルが美女と縁組することになった。
しかし実際には、サーラには相手として犬の子、ナランバヤルには猫の子が送られてきた。

穏便にすませたい2人はこの侮辱に目をつむり、それぞれよき飼い主となった。
お互いの事情も知らない彼らは偶然出会い、ある理由で夫婦のふりをすることに。

kinnokuni_c02

単行本情報

  • 『金の国 水の国』 Amazonで購入
  • 『町でうわさの天狗の子』第1… Amazonで購入
  • 『小学館文庫 雨無村役場産業… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

1月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • konyahatsukiga300_65-2