このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『百人の半蔵』第1巻 横尾公敏 【日刊マンガガイド】

2015/05/16


HyakuninnoHANZO_s01

『百人の半蔵』第1巻
横尾公敏 秋田書店 \429+税
(2015年4月8日発売)


かつて故・石川賢のマンガで、日本全国から大量の宮本武蔵たち(えっ?)が集まって柳生と戦う『武蔵伝 異説剣豪伝奇』という作品があった。

それに対して、こちらは大量の服部半蔵である(ええっ?)。

時は18世紀初頭。関ヶ原の戦いから1世紀年あまり……だがそこにあるのは江戸時代ではない。
日本を支配するのは、伝説的忍者・服部半蔵によって育成され、名前を継承した総勢100人の半蔵たち。彼らはオリジナルの服部半蔵を抹殺、さらに反乱を起こして徳川を倒し国を掌握してしまったのだ。
弱者はクズ! たったひとつの残酷な掟のもと、かよわき民衆は強大な力をもつ半蔵たちの悪趣味な楽しみのためだけに虐げられ、搾取され、無惨に殺されていく。世はまさに地獄の半蔵時代。

だがそこに、謎の若武者がさっそうと登場。
圧倒的な剣技で雑魚忍者、そしてひとりの半蔵をぶった斬る。
死苦に満ちた現世にありながらあの世と無縁な最強の男、その名も極楽浄土無縁之助!

無縁之助の強さには秘訣がある。
スリルを味わえば味わうほど強くなる彼は、1本の釘を左目にずぶりと突き刺し、さぁこれをちょっと押しこめば自分を殺せるぞと敵を挑発して戦うのだ。わずかでも敵の攻撃を顔に受ければ釘が脳まで突き刺さり、死んでしまう。
そのスリルで興奮してすごい力が湧き起こり、放たれる超音速の剣。どんな忍者でもあっさりばっさりブツ斬りだ。

無縁之助は、何やら過去に半蔵からひどい目にあい、復讐のため悪魔めいた幻術師・果心居士と取り引きをしたらしい。寿命を削って得たパワーで100人の半蔵を殺してまわる半蔵スレイヤーである。
しかし復讐鬼というには性格が無邪気でやんちゃで、人助けをためらわない気のよいやつ。だから心おきなく応援できる。

血まみれ泥まみれ、サツバツとした残酷絵巻でありながら底抜けのユーモアを帯びて楽しく読める横尾公敏作品の持ち味がいかんなく発揮されている本作。
今後の展開を見届けていきたい。



<文・宮本直毅>
ライター。アニメや漫画、あと成人向けゲームについて寄稿する機会が多いです。著書にアダルトゲーム30年の歴史をまとめた『エロゲー文化研究概論』(総合科学出版)。『プリキュア』はSS、フレッシュ、ドキドキを愛好。
Twitter:@miyamo_7

単行本情報

  • 『百人の半蔵』第1巻 Amazonで購入
  • 『武蔵伝 異説剣豪伝奇』第1巻 Amazonで購入
  • 『ニンジャスレイヤー殺』第2巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]