このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『恋は雨上がりのように』第4巻 眉月じゅん 【日刊マンガガイド】

2016/02/13


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『恋は雨上がりのように』


KOIhaAMEAGARInoyouni_s04

『恋は雨上がりのように』第4巻
眉月じゅん 小学館 ¥552+税
(2016年1月12日発売)


バイト先のファミレス店長に恋心を抱く女子高生の物語。

17歳×45歳という年の差設定にして、真っ当すぎる純愛路線が大きな反響を呼び、「このマンガがすごい!2016」ではオトコ編第4位を獲得。今年から掲載紙も「月刊!スピリッツ」から「ビッグコミックスピリッツ」へと移った(隔週連載に)。

「君が俺のなにを知っているの?」
2人きりになったバイト先の控室で、店長から背中越しに思わぬ言葉を投げつけられたあきら。
翌日は店長が風邪で休んだこともあり、もんもんとした気持ちで過ごすことに。結局、いてもたってもいられずに台風襲来のなか、店長の家へ――。

やきもきする展開で第3巻が終わったので、「早く続きを!」と鼻息を荒くして待っていた諸兄も多かったことだろう。
狭いアパートの一室で2人きり。せつない思いをぶつけるあきら。思わず抱きしめてしまう店長……。
健康な男子たるもの、こうなったら歯止めがきかなくなりそうだが、どうにか踏みとどまるあたり、さすがは45歳バツイチだ。

店長は「これは友達としてのハグ!!」と強引な幕引きをはかるが、最愛の人に抱きしめられた17歳女子としては「はぁ、そうですか……」というわけにはいかない。
店長から風邪をうつされ、朦朧とした意識のなか、いろいろな意味で熱に浮かされてしまうのであった。

特筆すべきは、店長にここまでされても、同級生に恋をするのと同じように「友情から始まる恋愛もある」と前を向くこと。
この、あきらのまっすぐさと健気さとまぶしさこそが、読む者の胸をわしづかみにするのだ。

本巻の終盤では、あきらと店長、それぞれの親友とのエピソードが綴られる。
陸上部のはるかとうまく仲なおりできないことに悩むあきらに、人生の先輩である店長が「かけがえのない時間は決して消えてなくならない」ことを伝える。

スーパームーンを見上げながら、年齢や性別や立場を超えて共鳴する2人の姿が美しい。
深い余韻の残るすばらしい最新巻だ。



<文・奈良崎コロスケ>
マンガと映画とギャンブルの3本立てライター。中野ブロードウェイの真横に在住し「まんだらけ」と「明屋書店」と「タコシェ」を書庫がわりにしている。著書に『ミミスマ―隣の会話に耳をすませば』(宝島社)『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』(2月13日公開)のパンフレットに参加しております。

単行本情報

  • 『恋は雨上がりのように』第3巻 Amazonで購入
  • 『恋は雨上がりのように』第2巻 Amazonで購入
  • 『恋は雨上がりのように』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]