このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『猫ヶ原』第1巻 武井宏之 【日刊マンガガイド】

2016/05/04


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『猫ヶ原』


nekogahara_s01

『猫ヶ原』第1巻
武井宏之 講談社 ¥650+税
(2016年4月15日発売)


『シャーマンキング』『機巧童子ULTIMO』の武井宏之の新作は、かっこいい猫ヤロウどもの時代劇だ。

武井宏之の描く猫といえば、『シャーマンキング』のマタムネを思い出す。
人に媚びず、確固たる信念を持つ存在としての猫描写は、この作品でさらに具体的なものになっている。

この世界には二通りの猫がいる。
ヒト様(飼い主の人間のこと)に飼われた「飼い猫」と、「野良猫」だ。

猫世間において、ヒト様がもたらす力は絶大。みんなおこぼれにあずかって生きてる。
飼い猫は幅をきかせる。野良猫を蔑み、ばかにする。
野良猫たちは苦労を強いられ続けているが、逃げ出してはいない。

主人公剣士・ノラ千代は、かつて飼い猫だった。
主人を亡くし、今は野良侍として流浪の旅に出ている。

彼はけっして、だれかを救うヒーローではない。
誇りを失った飼い猫がかかってくるのなら、斬る。
強欲に溺れ甘える野良猫たちも、斬る。
自由になりたいのならば、自らの手で勝ち取れ、というのが彼の信念だ。

ときに、ノラ千代の生き方は不格好にすらなる。
死にそうになった時、自分の目的が果たされていないのならば、敵にだって助けを求める。
矜持は持っていても、プライドに溺れることは決してない。
ノラ千代は無様でもあがいて信念を貫く道を選ぶ。

ヒト様の影響で荒廃し続ける猫社会を、実際の猫の生態にあわせているのがおもしろい。トイレでは砂をかけ、マタタビをかぎ、平たい皿でお茶を飲む。あくまでも彼らは猫なのだ。

ノラ千代は誰に飼われていたのか。この世界での「ヒト様」とはどれほどの存在なのか。
吐かず、乞わず、決して媚びぬ。誰ともつるまないノラ千代の、猫の道がどこに続くのか、今はまだ、わからない。



<文・たまごまご>
ライター。女の子が殴りあったり愛しあったり殺しあったりくつろいだりするマンガを集め続けています。
「たまごまごごはん」

単行本情報

  • 『猫ヶ原』第1巻 Amazonで購入
  • 『シャーマンキング 完全版』… Amazonで購入
  • 『機巧童子ULTIMO』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]