このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『にがくてあまい』第12巻 小林ユミヲ 【日刊マンガガイド】

2016/06/22


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『にがくてあまい』


nigakuteamai_s12

『にがくてあまい』 第12巻
小林ユミヲ マッグガーデン ¥648+税
(2016年5月14日発売)


大手広告代理店に勤めるバリバリのキャリアウーマンながら男運のない・江田マキと、男子高で美術を教えるゲイのイケメン教師・片山渚の奇妙なルームシェア生活を描く人気作が、ついに完結。
2009年から7年間続いた連載の終了は少々寂しいが、今秋9月10日には川口春奈&林遣都主演で映画の公開を控えているのでご安心を!

マキがオカマバーで出会った渚は、すこぶる料理がうまいベジタリアン。
失恋して酔いつぶれたマキを渚が介抱した翌朝、マキが2日酔いながらに食べた雑穀スープは感動ものにおいしかった。そしてマキは渚の手料理が食べたいばかりに渚とのルームシェアを始めた(第1巻)。

一見両極端な立ち位置の2人だが、そのじつ、似た者同士のような2人。
なにかと衝突しながらも、渚の作るオーガニック野菜料理に、野菜嫌いのマキがいやされ、またそれぞれが抱える問題を解決しながら、お互いが大切な存在に変わっていった……。

周囲の人間をもあたたかく優しい気持ちにする渚の料理。
2人の食卓に登場する料理たちはどれも魅力的で、つい味や食感を確かめたくなってつくってみたくなる。巻末にレシピが収録されているのもうれしい。

さて、本巻では、マキに農場を継いでほしい父、その思いを知りながらこたえられずに戸惑うマキ、そしてそこに“ある形”で関わっていく渚を中心にストーリーが展開。
そしていつのまにかマキにとって“一番帰りたい場所”となっていた渚がある決意をすることで、物語はいよいよクライマックスへ……。

不必要に器用でぶきっちょな2人の心のふれあいは、どんなかたちで、どんな料理とともにフィナーレを迎えるのか?
ぜひ自身の目で確かめてほしい!



<文・藤咲茂(東京03製作)>
美酒佳肴、マンガ、ガンダム、日本国と陸海空自衛隊をこよなく愛し、なんとなくそれらをメシのタネにふらふらと生きる編集ライター。

単行本情報

  • 『にがくてあまい』 第12巻 Amazonで購入
  • 『にがくてあまい』 第1巻 Amazonで購入
  • 『にがくてあまい 公式レシピ… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]