このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『A子さんの恋人』 第3巻 近藤聡乃 【日刊マンガガイド】

2016/12/05


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『A子さんの恋人』


Akosannokoibito_s03

『A子さんの恋人』 第3巻
近藤聡乃 KADOKAWA ¥620+税
(2016年11月15日発売)


マンガをはじめ、絵画、アニメーション、エッセイなど、多才に活躍する近藤聡乃の話題作『A子さんの恋人』の第3巻。

マイペースで地味な29歳のアラサー女性A子は、日本に恋人のA太郎を置き去りにして渡米。ニューヨークで3年間を過ごしたあと、今度は向こうでできた新恋人・A君を置き去りに日本に帰ってきた。

猫のように気ままで人に懐くのがうまいA太郎と、神経質なようで異様に懐が深いA君。
好対照の男2人を翻弄――ではなく、優柔不断で別れないまま彼らに振り回されるばかりのA子と、呆れながらもおもしろがる女友だちのU子とK子。ひねくれた大人たちが繰り広げる日常は、淡々としつつもシュールなおかしみにあふれている。

ごくかぎられた狭い人間関係のなかで、各々の思索が交錯し、互いに影響を及ぼしあいながら展開していく物語の不思議な小宇宙感。
現在と過去がシンクロしながら進行していくスタイルは、まったく新しいSFとでもいうべきか。
人間は常に過去の影響を受けながら未来に向かって現在を生きているのだ、と目からウロコ!

今回、A君の浮気未遂のエピソードがまた最高。
そこでA子とA君がつきあい始めた当初の出来事とともに、A君がA子を好きになった理由が回想されるのだが、本人すらはっきり意識はできないあいまいかつ細やかな人間心理が決して説明的ではなくヴィヴィッドに描かれていて、文学って、アートって、こういうもんでしょ! と膝を打ちたくなります。

ごくありふれた日常ドラマのようで哲学的でもある、この絶妙な味わいはちょっとほかにない。

未体験の人は今からでもぜひ。



<文・井口啓子>
ライター。月刊「ミーツリージョナル」(京阪神エルマガジン社)にて「おんな漫遊記」連載中。「音楽マンガガイドブック」(DU BOOKS)寄稿、リトルマガジン「上村一夫 愛の世界」編集発行。
Twitter:@superpop69

単行本情報

  • 『A子さんの恋人』 第3巻 Amazonで購入
  • 『A子さんの恋人』 第1巻 Amazonで購入
  • 『A子さんの恋人』 第2巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]