このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【インタビュー】『このマンガがすごい!2019』オトコ編第1位! 石黒正数『天国大魔境』 探偵脳発動!「この第1位は本物か!?」

2018/12/11


石黒正数先生が「このマンガがすごい!WEB」に初登場だ~っ!

12月11日に発売となった『このマンガがすごい!2019』にて、オトコ編第1位に輝いた『天国大魔境』

「アフタヌーン四季賞」受賞をきっかけにデビューし、『それでも町は廻っている』『木曜日のフルット』などで話題を読んだ石黒先生が、18年ぶりに「月刊アフタヌーン」に帰還! 

連載開始当初から注目をうけていた今作は、魔境と化した日本で天国を探す"キルコ"と"マル"、そして緑に囲まれた謎の施設に住む"トキオ"をはじめとした少年少女たちが交互に描かれる。 2人の探す天国とは? トキオたちの暮らす施設の外の世界とは? そして、さらなる謎として登場するのは、同じ顔を持つ少年少女、トマト、不気味な怪物――。

謎が多く散りばめられているからこそ、今後の展開が気になって仕方がない! 本誌『このマンガがすごい!2019』では、レビューだけでなく、全8ページにわたる石黒先生のインタビューが掲載中!
そして今回、誌面の関係上、紹介しきれなかったお話を盛りこんだディレクターズカット版として、「このマンガがすごい!WEB」限定で石黒正数先生のインタビューを前後編の2回にわけてお届けします! 
全マンガファン注目のインタビュー、まずは前編からスタート。刮目してご覧あれ!!

特別インタビューの全文は『このマンガがすごい!2019』にて大公開!
石黒先生による描き下ろしイラストも要チェックだ!

『このマンガがすごい! 2019』
『このマンガがすごい!』編集部(編) 宝島社 ¥680+税
(2018年12月11日発売)

 

石黒正数

いしぐろ・まさかず 1977年福井県出身。
2000年「ヒーロー」で「アフタヌーン四季賞」を受賞し、デビュー。代表作は、『それでも町は廻っている』『木曜日のフルット』など。
現在は「月刊アフタヌーン」にて、『天国大魔境』を連載中。

Twitter:@masakazuishi

「このマン」に向けて発揮された“探偵脳”


第1位が決まり、すぐさま都内某所にある石黒先生のお仕事場にお邪魔させていただきました。先生、今日はよろしくお願いいたします!

──石黒先生の新作がオトコ編第1位に選ばれました。率直な感想をお聞かせください。

石黒 最初は「あ、何かやったな!」って思いました。

──「何か」……とは?

石黒 上のほうで何か工作があったんじゃないか、と! ランキングモノって、世間的にはちょっと疑いの目で見るじゃないですか!

──よくいわれます(笑)。

石黒 でも今回思ったのは、少なくとも「このマン」編集部はシロだな、と。

──なぜそう感じたんですか?

石黒 先にアンケート(本誌108ページ参照)の依頼が来たじゃないですか。俺が1位になることがわかっていたら、あれ頼まないでしょ? 巻頭で記事になるわけだからアンケートのコーナーでまた登場したら変だもん。あと、この1位のしらせを受けて、先々まで予定が立ててある「月刊アフタヌーン」本誌の表紙を描く予定が割りこむかたちで急に入ったんです。ウチの編集部も不測の事態だったわけでシロだな、と。

──先生、めちゃくちゃ探偵脳じゃないですか!

石黒 まあ、もっと上のイルミナティとかが動いてたら、さすがにわからないけど。

──たぶん、秘密結社とは無関係です(笑)。だれが何に投票したか全部本誌に掲載されるので、現実問題としてランキング操作は無理なんです。

石黒 いろいろな人から票を入れてもらえたのはうれしいですけど、正直にいえば「早いよ!」と思いました。1巻ではまだ状況説明しかしてないですからね。いずれは「すごい!」と思われるようなマンガにしたいですけど「まだすごくないよ!」というのが本音です。

──ただ、1巻で提示されている要素だけで、読者はおもしろくなる予感を感じて票を入れたわけです。それは先生に対する読者の信頼のあらわれということではないでしょうか?

石黒 それ、すごいプレッシャーですよ。このあと低迷して、急にトーナメントバトルになるかもしれないじゃないですか。

──天下一~、的な?

石黒 そうそう。「勝ったヤツがこの世界の王だ!」って。で、「キルコが勝った!」で終わる。

──それ、いいですね。

石黒 よくねえよ(笑)!

石黒先生は「まだすごくないよ!」とおっしゃっていますが、第1巻で提示される謎たちの数々に、期待しないでいられるばずがない……! 未読の方は今すぐ手にとるべし。カバーのキルコとマルの視線の先も気になるところだ。

『天国大魔境』
石黒正数 講談社 ¥680+税
(2018年7月23日発売)

 

『天国大魔境』はどのジャンルにも属さない「石黒マンガ」

──『それでも町は廻っている』(以下『それ町』)の連載を終えてから、どのように『天国大魔境』を構想していったのでしょうか?

担当編集 最初は剣道マンガを描くと聞いていました。

──剣道?

担当編集 だから「取材をしよう」とか「講談社の道場をロケハンしよう」とか考えながら、「よし、剣道マンガをがんばって売るぞ!」って思っていたんですよ。

──先生、なんで剣道?

石黒 いや、『それ町』が終わったあとにね、次回作をまだ「アフタヌーン」でやるとも決まっていない時期だったと思うんだけど、いくつか描きたいマンガの候補があったの。剣道マンガ、ヤンキーマンガ、SF、『天国大魔境』……と、全部で5本くらいあったかな? ただ剣道マンガをやる場合、中学や高校で剣道部の子の1年間の流れとかスケジュールが知りたかったし、どうしてもこれだけは資料が必要になるな、と思ったんですよ。だから「剣道マンガをやるなら、これだけの資料が必要です」という会話をしたわけ。そうしたら「講談社には道場がある」とか「知り合いの子どもが剣道部だった」とか、ひとしきり話が盛り上がったんですよ。

担当編集 それを私が「次は剣道マンガだ!」と先走りしちゃったんですね。

石黒 だから俺のなかでは剣道マンガは数ある候補のうちの1本にすぎなかったんだって。でもそのなかで『天国大魔境』は、ずっと昔から温めていたものなので、次に描くならこれだな、と思っていたんです。

道路のまんなかで堂々と地図をひろげられるほどに、生き物の気配を感じられない荒廃した世界。じつは当初の世界観は砂漠を想定していたのだが、ワケあって崩壊後の日本に変更。その理由は『このマンガがすごい!2019』本誌にてしっかり語っていただいてます!

──結果的に『天国大魔境』になりましたが、その内容を聞いた時は、どのように感じましたか?

担当編集 とても「アフタヌーン」っぽいな、と。3話までのネームをいただいたんですけど、絶対にだれにも真似できない世界観で、普通だったら暗くなりそうなのにキャラクターが明るい。どのキャラを見ても、絶妙に「何かありそう」な感じが漂っている。うちの編集長は「みんながこういうマンガを描きたいと思っているのに描けない。そういうことをやっている」といってました。うちの編集部でも、みんな口々に「これは石黒さんのマンガだよね」といってます。どのジャンルにも属さない「石黒マンガ」だよね、と。これは世に出さなきゃいけないマンガで、それを「アフタヌーン」で出せるのはありがたいです。

単行本情報

  • 『天国大魔境』第1巻 Amazonで購入
  • 『このマンガがすごい! 2019』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]