このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【インタビュー】宍戸義孝『「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」 はじまりの少女、約束の螺旋』 ネタバレ必至!! 小説版×TVアニメ×劇場版の超重要なリンクを大解説!!

2016/10/31


劇場版ではテオーリアのセリフに注目! 劇場版&小説でのリンク――過去から未来、母から娘へ受け継がれた想い

――小説版のなかで劇場版にリンクする要素はあるんでしょうか?

宍戸 劇場版で新登場するディオルナが、小説版にも登場します。これは、いきなり劇場版に出てくると、ちょっと受け入れられづらいかなと思いまして。

MJP_movie_01
劇場版では最大の敵として登場するディオルナ! 小説版でははたして……?

劇場版では最大の敵として登場するディオルナ! 小説版でははたして……?

あとは、テオーリアのセリフにも注目して読んでもらいたいですね。劇場版のある場面で、テオーリアが「ヒーローは必ず帰ってくるんですよ」というセリフを言うのですが、これはもともとトウマがオーレリアに言った言葉で、それをオーレリアがテオーリアに語って……というふうに受け継がれた言葉なんです。
もともと劇場版にそのセリフを入れていたので、その成り立ちのエピソードを小説に入れてみました。そういうふうに見ていくと、リンクする部分が意外と多いと思います。

オーレリアがテオーリアに想いを託し、「未来」へとつながっていく。アニメ本編では語られなかった物語が小説でついに語られる。

オーレリアがテオーリアに想いを託し、「未来」へとつながっていく。アニメ本編では語られなかった物語が小説でついに語られる。

――本作を読んだうえでもう一度テレビシリーズも見直すと、各キャラクターの見え方も変わってくるようにも思います。

宍戸 そうですね。より『マジェスティックプリンス』という作品自体を、よりおもしろく楽しめるようになると思います。今回の小説を書くうえで意識したことが、一本の作品と読むことができ、さらにアニメにつながるということでした。途中で話が終わってここから先はアニメで、とか言われても嫌じゃないですか。だから小説として完結するものにして、そのうえでリンクできるものがいいなと思いました。

――ちなみに、宍戸さんが小説を書かれたのは今回が初めてですか?

宍戸 はい。今までは脚本だけでした。やっぱり小説は難しいですね。一番の違いは文章です。正直、脚本だと文章はそれほど重要ではなくて、どちらかといえば、セリフのおもしろさなどに気をつけたりしています。でも小説は、セリフ以外ももちろんおもしろくないといけないというのが難しかったですね。
あとは多人数が入り乱れる戦いを描くのがたいへんでした。ウルガルの式典のシーン(小説の第8話から第9話に該当)ですね。これはアニメの脚本でも心掛けていたのですが、基本的に一対一での対戦を描写するように気を付けました。多人数の戦いは小説だとわかりやすく書くことが難しいですし、戦いがていねいに描けていないと、読者もそんなにおもしろくもないと思うんです。

「マジェプリ」といえばハイクオリティなロボットバトル! 劇場版でも圧巻の戦闘シーンが描かれている!

「マジェプリ」といえばハイクオリティなロボットバトル! 劇場版でも圧巻の戦闘シーンが描かれている!

――今後、小説執筆のチャンスがあれば、また挑戦してみたいですか?

宍戸 ええ、機会があったらまた小説にチャレンジしたいですね。やはり書けば書くほどうまくなっていくものと思いますので。

――最後に『マジェスティックプリンス』ファンへのコメントをお願いします。

宍戸 小説版は劇場版ともテレビシリーズともつながる話ですし、読むとそれぞれがもっと細かく楽しめるようになりますので、ぜひとも『はじまりの少女、約束の螺旋』もあわせて読んでいただきたいです。裏設定も垣間見れる感じになっているので、いろいろと考察していただけるとうれしいですね。

――本日はありがとうございました。


いよいよ11月4日(金)から
『劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子』が公開されます!!

テレビアニメシリーズの後日譚となる本編は、興奮がとまらないドラマティックなストーリー展開にくわえ、さらにパワーアップしたスピーディーで迫力満点なメカアクションに、要注目!! 劇場版に関するくわしい情報は、公式HPからチェック!!


そして、『「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」 はじまりの少女、約束の螺旋』の単行本は現在、好評発売中です!
mjpnovel_s01_500×339

『「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」はじまりの少女、約束の螺旋』
宍戸義孝 宝島社 ¥1200+税
(2016年9月14日発売)

単行本を「すぐにGETしちゃいたい!」というアナタはコチラからチェックしてください!

★さらに小説は現在「このマンガがすごい!WEB」で第1~3話、そのほかを無料公開中!! 興味のある方はコチラをクリック!


  • [注1]ディオルナ 『劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子』に登場するキャラクター。ガルキエやジアートをはじめとするウルガル皇族の遺伝子を結集して作られた実験体。極めて好戦的であり、高い戦闘力を持っている。劇中では「チームラビッツ」の最大の敵となる。

取材・構成:有田シュン

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]