このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『アレンとドラン』(麻生みこと)ロングレビュー! ぼっちで何が悪い! マイナー映画命のサブカル女子。恋した相手は“サブカル無関心男子”!?

2017/05/24


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

今回紹介するのは『アレンとドラン』

『アレンとドラン』著者の麻生みこと先生から、コメントをいただきました!

著者:麻生みこと

オンナ編月間1位光栄です。
ありがとうございます。

今後も林田さんが七転八倒する様を
温かい目で見守っていただけるとうれしいです。


arentodoran_s01

『アレンとドラン』 第1巻
麻生みこと 講談社 ¥429+税
(2017年3月13日発売)


林田(通称・リンダ)はマイナー映画を愛する女子大生。
田舎町のショッピングモールの“遊べる本屋”で自分の好みにフィットする文化に出会い……大学進学で東京に出てきてからは単館上映系の映画を見放題で毎日が天国! とはいえコミュニケーションがうまくないこともあって、大学では常にぼっち状態だ。

学友に「外見も中身も分かりやすくサブカル系(笑)」とささやかれるリンダだけど……サブカル好きで何が悪い!?

学友に「外見も中身も分かりやすくサブカル系(笑)」とささやかれるリンダだけど……サブカル好きで何が悪い!?


タイトルにあるのはリンダのお気に入りの映画監督だ。ウディ・アレンにグザヴィエ・ドラン……“ドメジャー”とはいいがたいツウ好みの監督といえるだろう。

リンダが“アレンとドラン”の話で盛り上がれる同好の士と出会えたのは、SNS。しかし、その人(いいオッサン)と会ってみたら彼のほうは下心バリバリ。
貞操の危機を救ってくれたのは、アパートのお隣さんであるイケメン大学生・江戸川(通称・エドガー)だった。これを機にリンダはエドガーがバイトするバーに通い、親しくなっていく……。

単行本情報

  • 『アレンとドラン』 第1巻 Amazonで購入
  • 『小路花唄』 第1巻 Amazonで購入
  • 『そこをなんとか』 第1巻 Amazonで購入
  • 『海月と私』 第1巻 Amazonで購入
  • 『路地恋花』 第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]