このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

「長くて手が出せなかったけど読むと止まらない麻雀マンガ」ベスト3 「近代麻雀漫画生活」いのけんさん 【目ききに聞く】

2014/09/16


なんとなく『アカギ』は知っているし、『咲 -Saki-』のアニメも観ていた。じつは麻雀マンガに興味はあるけど、本格的なモノには手を出しづらい……なにより単行本が長いしなぁ……などと思っている人、お待たせしました!
季節は秋! ようやく涼しくなってきて、100巻を超えるような長編マンガを読むにはピッタリの時期になってまいりました!

今回は、麻雀マンガを中心としたレビューブログを運営しているいのけんさんに、「秋の夜長に読むべき長編麻雀マンガ」というコンセプトで、じっくりと長く楽しめる3作品を選んでいただきました!
麻雀のルールがわからない? 大丈夫、ルールを知らなくてもおもしろいのが優れた麻雀マンガというもの! むしろ、この3作品を読破さえすれば「雀鬼」になれる……かも!?

[※2013年から2014年8月に発売されたマンガ単行本のなかから選出をお願いしています。]

いのけんさんイチオシの3作品!

『麻雀飛龍伝説 天牌』 来賀友志(作)嶺岸信明(画)

tenpai_s72

『麻雀飛龍伝説 天牌』第74巻
来賀友志(作)嶺岸信明(画) 日本文芸社 ¥552+税
(2014年7月28日発売)

本編74巻+外伝27巻+列伝1巻と、通巻100巻を超える長編麻雀マンガです。

ヤクザや代打ち勝負などの、古きよき麻雀劇画の色を残しつつも、過剰な古くささは感じさせない、20世紀最後の現代麻雀劇画。
麻雀に懸けた男達が紡ぎ出す、美しい牌譜と名台詞の数々には、心が熱くさせられます。



『むこうぶち 高レート裏麻雀列伝』 天獅子悦也(著)安藤満/ケネス徳田(協)

mukoubuti_s39

『むこうぶち 高レート裏麻雀列伝』第39巻
天獅子悦也(著)安藤満/ケネス徳田(協) 竹書房 ¥648+税
(2014年8月18日発売)

バブル時代の高レート麻雀界に巣食う、寡黙で孤独で最強の男・傀(かい)へと挑み、敗北する人々を描いた物語。
基本的には数話単位で一旦話が区切られるオムニバス形式なので、気軽に読むことができます。

なお、現時点では39巻まで刊行されていますが、ほぼすべての巻でエピソードが単行本を跨いでいる構成になっているため、うっかり読むのが止まらず、寝不足にならないよう気をつけてください。



『マジャン -畏村奇聞-』 カミムラ晋作

mazyan_s02

『マジャン -畏村奇聞-』第2巻
カミムラ晋作 KADOKAWA/エンターブレイン ¥699+税
(2013年10月15日発売)

麻上村という山村を舞台に、その村で儀式として執り行われている、「マジャン」(麻雀)における主人公・山里卓次の勝負と成長を描いた、正統派少年麻雀劇画。
様々な特殊麻雀ルールと、それへの対応、命懸けのギャンブルをも成立させる舞台設定の作り方なども、麻雀マンガとして完璧で、もっと多くの人に読んでほしい作品です。

ただ、単行本の刊行は2巻まで。投稿サイト「E★エブリスタ」にて全176話が公開されているので、1日1話ずつでも読んで、秋どころか冬になるまで楽しんでください。



ご協力者:いのけん

麻雀マンガに憑かれた男。

麻雀マンガが好きですが、普通のマンガを読んでいても、なぜかそこに麻雀が出てくるという、おもしろい呪いにかかっています。

ブログ「近代麻雀漫画生活」


「このマンガがすごい!WEB」をご覧くださった皆様へのアンケートのお願い

ただいま、宝島社『このマンガがすごい!WEB』では、よりよいサイトの制作と運営のため、アンケートを実施しております。
アンケートにご協力していただけるかたは、下記リンク先にある専用のアンケートフォームから回答していただければ幸いです。

ユーザーアンケートフォーム

単行本情報

  • 『麻雀飛龍伝説 天牌』第72巻 Amazonで購入
  • 『むこうぶち 高レート裏麻雀… Amazonで購入
  • 『マジャン -畏村奇聞-』第2巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]