このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【第8回『このマンガがすごい!』大賞 最優秀賞】『まかいたいしコココちゃん』(林良時)ロングレビュー! 緻密な背景と自由なコマ割り! これって本当に新人作品!?

2017/12/16


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

今回紹介するのは『まかいたいしコココちゃん』

『まかいたいしコココちゃん』著者の林良時先生から、コメントをいただきました!

著者:林良時

コココちゃんはステキなことは皆で共有したいと思う女の子です。
作者である僕自身はめったにそんなことを思わない人間ですが、コココちゃんのことは皆と共有したいと思いました。
よろしくお願いします。

『このマンガがすごい! comics まかいたいしコココちゃん』
林良時 宝島社 ¥900+税
(2017年12月9日発売)


「このマンガがすごい!大賞」は、宝島社の同編集部が選考する新人マンガ賞である。
本誌発売と同時期に発表され、大賞受賞作品は即単行本デビューという特典がつく。
第8回目となる今年の受賞作品には『まかいたいしコココちゃん』が選ばれた。

本作の主人公、コココちゃんは、同世代の友達とごっこ遊びをしたり、駄菓子屋に行ったりする活発な6歳の女の子。
ただし、彼女には大きな特徴があり、それは頭部に2本のツノが生えているところだ。
彼女は魔界に暮らす魔王の娘なのである。

魔族の少女・コココ。頭に2本のツノがあり、口から火も吐ける。
しかし、そうしたものとは別に、天真爛漫さや人を信じる心も持ちあわせており、人間らしい一面もある。

魔族の特徴としては、先祖の記憶を夢で見る点があげられる。
コココは夢で人間界を見たことをきっかけに、1800年ものあいだ魔界とは交流のない人間界に興味を抱くようになった。
そんなおり、魔界ではひとつの法案が可決する。魔界大使派遣法案だ。
魔界は人間界との交流を再開することを決め、その最初の段階として、まず大使を人間界に派遣しようと計画した。
大使になれば憧れの人間界に行ける。 そう考えたコココは、強引な手段で勝手に魔界大使になり、人間界へと旅立つ。
そしてコココは、「友達100人つくる」ことを目標に、様々な人間と交流を深めていくのであった。

人間界に行って「友達100人」をつくることを夢見るコココ。
もっとも、コココを溺愛する魔王様は気が気でない様子だが……。

単行本情報

  • 『このマンガがすごい! comics… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

1月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • konyahatsukiga300_65-2