このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『このマンガがすごい! comics BREAK THE BORDER rebirth of ECHOES 』(歩)ロングレビュー! 第7回『このマンガがすごい!』大賞最優秀賞、受賞者が描く“トランスジェンダー×バスケ”青春マンガ!

2018/03/11


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

今回紹介するのは『このマンガがすごい! comics BREAK THE BORDER rebirth of ECHOES 』


『このマンガがすごい! comics BREAK THE BORDER rebirth of ECHOES 』
歩 宝島社 ¥690+税
(2018年3月9日発売)


第7回『このマンガがすごい!』大賞を受賞した本格女子バスケマンガ『ECHOES』の著者・歩の新作が登場! 著者によれば、『ECHOES』に登場した新緑高校女子バスケ部の物語には壮大な構想があったとのこと。その前作『ECHOES』では、ずば抜けた技術を持ちながら仲間といっさい交わろうとしない飛鳥のかたくなな心を、主人公の青が少しずつ開いていくさまが中心に描かれた。ポテンシャルの高い選手がそろっているものの、チームがチグハグだったのはあながち飛鳥のせいだけではなかった……。そこに青が飛鳥へ関わろうと努力することによって、周囲にも影響を与えていくのだった。

さて、新作とはいったが、『BREAK THE BORDER rebirth of ECHOES 』で描かれるのは、『ECHOES』を原型としたストーリーだ。舞台は主人公・青たち1年生が入学して間もない頃。

青はバスケを心から愛しつつも、中学時代の苦い思い出からバスケはやめると決めていた。だが、そんな青の心を動かしたのが、同じ1年ながらいち早くバスケ部に参加し、だれよりも輝いていた飛鳥のプレイだったのである。練習試合で、ケガも恐れず闘志むきだしで、ボールを追う飛鳥を目の当たりにしたとき、考えるよりも早く青の心が反応する……。その表情に思わず読み手もシンクロしてしまう描写力が、この著者の魅力であろう。

練習試合にもかかわらず命がけのような飛鳥のプレイを前に、青の心が高鳴る。今バスケから離れても、わだかまりはずっと心に残るのではないのか……。

単行本情報

  • 『このマンガがすごい! comics… Amazonで購入
  • 『このマンガがすごい! Comics… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]