このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『ランド』(山下和美)ロングレビュー! その村では50歳になると死を迎える――”この世”を支配する、当たり前のルールにギモンを抱えるのは少女ただひとり…?【「モーニング」掲載カラーカット先行公開!!】

2015/05/29


Land_s01

『ランド』第1巻
山下和美 講談社 \900+税
(2015年4月23日発売)


6月4日発売の「モーニング」27号掲載の巻頭カラーを先行公開!!

rando_c02 rando_c03 rando_c04
おお、この展開は!? 一体、何話してるの!? 気になる続きは、6月4日発売の『ランド』が表紙の「モーニング」をチェック!

おお、この展開は!? 一体、何話してるの!? 気になる続きは、6月4日発売の『ランド』が表紙の「モーニング」をチェック!

『ランド』(山下和美)ロングレビュー

ベテラン・山下和美の新境地といってさしつかえないだろう。

『天才柳沢教授の生活』『不思議な少年』などで人間の心の機微を巧みに描き、読者をうならせてきたストーリーテラーが、新作に浮かび上がらせたテーマは“社会”である。

四方を山に閉ざされたその村では、人間は50歳で死を迎える。
50歳まで生きながらえて「知命」と呼ばれるその日を迎え、「あの世」へ旅立つことが最高の幸せだと、村人たちは信じているのだ。

それは、禍々しい記憶の結果である。かつて人々が多くのものを望み、豊かになり、人口が増え……山を切りひらこうとしたことが神々の逆鱗に触れたのだ。
恐ろしい天変地異は、過ぎた繁栄や長生きを望むなど、人間が“神の領域”を冒したことへの戒めだと悟って以来、村人たちは山に住む四柱の神をひたすらに崇めて暮らしてきた。

村の四方を囲む山にそびえる四ツ神様は、村人の命運を握る存在だ。村を守ってくれるが、しきたりを冒せば恐ろしい災いをもたらすと考えられている。

村の四方を囲む山にそびえる四ツ神様は、村人の命運を握る存在だ。村を守ってくれるが、しきたりを冒せば恐ろしい災いをもたらすと考えられている。

主人公の少女・杏は、もともと双子として生まれてきた。しかし、杏の片割れの女の子は、役人に「災いをもたらす凶相」と見なされ、生け贄として神に捧げることを命じられる。
父親である捨吉は、泣く泣く山に我が子を置き去りにし、直後に我が目をつぶすのだ。捨てた子をせめて忘れないために「アン」と名づけて――。

単行本情報

  • 『ランド』第1巻 Amazonで購入
  • 『天才柳沢教授の生活』第1巻 Amazonで購入
  • 『不思議な少年』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]