このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『朝まで待てません!』(田中メカ)ロングレビュー! お人よし男子×サイボーグ女子……マンガ編集者同士のマンガみたいな恋!?

2016/02/17


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

今回紹介するのは『朝まで待てません!』


『朝まで待てません!』著者の田中メカ先生から、コメントをいただきました!

著者:田中メカ

『朝まで待てません!』を数あるマンガのなかから選んでいただきありがとうございます。
不定期シリーズにつき、なかなか続きを描くことができないのですが、
私も順平と夕子の動向が気になりますので(笑)、
はやくみなさまに続きを読んでいただけるようにがんばります!


asamade_c_s

『朝まで待てません!』第1巻
田中メカ 白泉社 \429+税
(2015年12月4日発売)


クール美女VSほんわか青年。
同じ売れっ子漫画家を担当する2人は、ライバル編集者同士。
シビアなビジネス関係かと思われた距離が、予想外のスピードで縮まって……?

田中メカ待望の新作は、業界もののおもしろさにときめきをたっぷり振りかけた「オシゴトLOVE」ストーリーなのだ。

asa4c_01s

さて、まず青年編集者のほうをご紹介しよう。
大友順平、「月刊マーチン」編集部所属。
担当している超人気漫画家の猪苗代メグミ(男性)先生には「ぺーくん」と呼ばれている。

そして順平が前から憧れていた、「ヤングビースト」の敏腕編集者・水落に初めて会ったのも、その猪苗代先生の修羅場の真っ最中。
水落を豪放磊落なベテラン編集と思いこんでいた順平の想像は、みごとに裏切られる。
フルネームは水落夕子。「完全無欠のサイボーグ」という異名を持つ、バリバリ仕事のできる美女だったのだ。

2誌の締め切りが重なったため、これ以上ないほど追い詰められた猪苗代先生の仕事場。
こんなところで、しかもライバル誌編集の男女がどうやって恋愛に進むわけ? と思うが、これがじつにうまい展開。

ビジネスモード全開の夕子に対し、まずは順平が“いやし力”を発揮する。

さりげに夕子のぶんまで用意されていたホットタオル。デスクワーク系女子で、これでなごまない人がいたら見てみたい。

さりげに夕子のぶんまで用意されていたホットタオル。デスクワーク系女子で、これでなごまない人がいたら見てみたい。

これに拍車をかけるのが、猪苗代先生の数々の無茶ぶり。
2人にカラミのモデルをさせてしまうあたりは、かなりの確信犯。
でも先生こそが、彼らの恋の進展に欠かせない重要なキーパーソン。
なにげに小細工までしたりして裏で糸を引く彼は、本当に“恋の神さま”である。

仕事のためならがんばってしまう夕子。この後で、キスにもひと工夫して果敢にチャレンジ。これは順平、惚れるでしょう。

仕事のためならがんばってしまう夕子。この後で、キスにもひと工夫して果敢にチャレンジ。これは順平、惚れるでしょう。

単行本情報

  • 『朝まで待てません!』第1巻 Amazonで購入
  • 『君のコトなど絶対に』第1巻 Amazonで購入
  • 『白泉社文庫 キスよりも早く… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]