このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『「おそ松くん」とアカツカ怪作劇場』(赤塚不二夫)ロングレビュー! 「おそ松さん」よりクレイジー!! 自主規制一切なしの大暴走六つ子が大集合

2016/04/22


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

今回紹介するのは『「おそ松くん」とアカツカ怪作劇場』

osomatsukuntoAKATSUKAkaisaku_s

『このマンガがすごい! comics 「おそ松くん」とアカツカ怪作劇場』
赤塚不二夫 宝島社 ¥690+税
(2016年4月21日発売)


ギャグマンガの巨匠・赤塚不二夫。
惜しまれながら2008年に逝去したが、没後でもバカボンやバカボンのパパ、ウナギイヌ、レレレのおじさん、目ン玉つながりのおまわりさん、ニャロメetc.のキャラクターたちが、様々なかたちで広告などに起用された例は枚挙にいとまがなく、一度ならずとも目にしたことがあるはずだ。

さらに現在、2015年のテレビアニメ『おそ松さん』で女子層を中心に再び赤塚不二夫に熱い視線が注がれた。あのダメかわいい六つ子の幼少期を見たい! と『おそ松くん』が気になっている人が激増している。

一方で、今回のブームに対し「赤塚作品はもっともっとクレイジーなのだ!」と語りたい本格派のマンガ好きの声もきかれる。

『「おそ松くん」とアカツカ怪作劇場』は赤塚不二夫作品のなかから、とくに選りすぐりの「変なマンガ」を収録した一冊だ。

まずは『おそ松くん』から。
「おたまじゃくしはファソラシド」は特別に生原稿をそのままカラーで掲載している。そこからわかるのは、なんと六つ子の顔がコピーで切り貼りされているということ。手抜き? いやいや、じつはその逆であり、深い理由がある。解説を読んでのお楽しみだ。

「トト子ちゃんそりゃないざんす!」はかなりのレア作品。『おそ松さん』でアイドルデビューし、ちょっぴり悪女な魅力を発揮したトト子ちゃんの本性がここにも?
イヤミの受難が、六つ子の手によりグルーブ感たっぷりに増幅される「とびだしたドケツ」や、ほかの作品群を読んでみれば、『おそ松さん』の実験精神あふれるつくりは、原作へのリスペクトだったのか! とあらためて実感できるだろう。

単行本情報

  • 『このマンガがすごい! comics… Amazonで購入
  • 『ちくま文庫 おそ松くん ベス… Amazonで購入
  • 『おそ松&バカボン』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]