このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【ランキング 番外編】 このマンガだってすごい! アンケート参加者イチオシ単行本(10/1~10/31発売)

2016/11/28


毎月その月に読むべき新刊マンガをランキング形式でお伝えする月刊ランキング。
トップ10には惜しくもランクインしなかったものの、「このマンガがすごい!」が誇るランキング選者たちがオススメするマンガを、熱い推薦コメントとともに紹介するのが、こちらの番外編です。
推薦コメントを読んで気になる作品があったら、さっそく書店へGO!



『マジカルパティシエ小咲ちゃん!!』古味直志(作)筒井大志(画)(集英社)【Amazon

magicalpatisierrekosaki04

『ニセコイ』あってこそ、このスピンアウトだと思いますが、小野寺さんエンドが見られるのはこっちだけ! 作画も本家と違和感なく、賑やかしいテンポあるギャグの連続と読後の多幸感が好き(かーず/個人ニュースサイト「かーずSP」管理人)



『可愛い上司を困らせたい』タチバナロク(芳文社)【Amazon

kawaiijousi01

こんな上司がほしかった……! かわいいめんどくさい、でもかわいい。そんな年上彼女のめぐみがかわいすぎる!(フラン/ブログ「フラン☆Skin」管理人)

「日刊マンガガイド」でのご紹介は、コチラ



『一条要とは関わらない』三咲ユウ(白泉社)【Amazon

itijoukaname01

好きな人を取り戻すために時間をループする……という設定はここ最近特によく目にする気がするので飽きちゃうかな? と思いきや、「一条要とは関わらない」と何度いい聞かせても心が自然と惹き寄せられてしまうもどかしさが凝縮されていておもしろかったです。続きも楽しみ!(りる/感想系ブログ『空夢ノート+』管理人)



『双亡亭壊すべし』藤田和日郎(小学館)【Amazon

souboutei02

謎の建築物「双亡亭」に挑む人々の輪郭が鮮明になっていき、加速度がついた感じ。次巻も気になる!(東雲騎人/イラストレーター)

『双亡亭壊すべし』はテンションが落ちないのが魅力です。今一番気になる作品です(境真良/国際大学GLOCOM客員研究員・経済産業省国際戦略情報分析官(情報産業))



『アニメタ!』花村ヤソ(講談社)【Amazon

animeta!03

アニメーターを扱うマンガのなかでも比較的に後発的であることもあいまって、同ジャンルでは一番丁寧で無理のない「職業マンガ」となっています(kaito2198/海外翻訳者)

主人公の成長が実感でき始める第3巻です。努力が報われる展開に、と思いきや、今度は外部環境でのトラブル発生で、続きが気になります。成長物語としてもおもしろいですが、アニメの放送中止があいつぐ昨今、アニメ制作現場出身の作者がこの作品を通じて投げかける問題提起の数々は考えさせることが多いです。ぜひアニメ好きの人に広まってほしい作品(山本浩平/まんだらけうめだ店コミックスタッフ)

「日刊マンガガイド」でのご紹介は、コチラ



『ライアーバード』脇田茜(徳間書店)【Amazon

liarbird02

相反する2人の相補性、天才の描き方、共感覚の卓抜したマンガ的描写、地道に積み重ねるストーリーテリングの巧さ。またひとつ、新たな才能の出現を感じた(漫画トロピーク/謎の社会人漫画サークル)



『思い、思われ、ふり、ふられ』咲坂伊緒(集英社)【Amazon

omoiomoware04

これまで秘めていた想いが徐々に表に出始めた第4巻。恋に友情に家族愛に、どこを取ってもおもしろい(いづき/ブログ「おとよめ」管理人)

「日刊マンガガイド」でのご紹介は、コチラ



『AIの遺電子』山田胡瓜(秋田書店)【Amazon

ainoidenshi03

平易な作風なのに、内容の濃さ・深さに驚かされる。オーラの挿話、味覚の話など、微妙にうなずいてしまうのだ(辻真先/アニメ脚本家・ミステリ作家)

人間とは何か。読めばかならず考えたくなる(卯月鮎/書評家・ゲームコラムニスト)



関連するオススメ記事!

アクセスランキング

12月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • unnamed-2
  • konyahatsukiga300_65-2