このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『スロウデイズ』 市川けい 【日刊マンガガイド】

2015/01/04


slowdays_s

『スロウデイズ』
市川けい リブレ出版 \638+税
(2014年12月10日発売)


BLマニアの間でもあまりのピュアさに話題沸騰となった市川けいのデビューコミック、『スロースターター』の続編が登場。

2012年発売の『スロースターター』は、別々の学校に通う男子高校生のキヨとイノが通学電車で出会い、お互いを意識したり、少しずつ距離を縮めたり、特別な感情に気づいて困惑したりと、恋に翻弄されるさまを描いたじれったくて甘酸っぱい胸キュン度MAXの初恋物語。
前作ラストシーンで気持ちを通じ合わせた2人は、今回の単行本の表題作「スロウデイズ」では、専門学校生&大学生だ。

一人暮らし(ムフ♪)を始めたキヨは、合い鍵を渡したイノが寄りつかないことが寂しく、「誰にも邪魔されないところでイチャイチャチュッチュ触りたい……」と悶える日々。
照れたり恥じらったりの表情は初心なまま……とはいえ本作は、少し大人っぽくなった2人が、“付き合う”から次の恋愛ステージへと進むお話。相変わらずピュアな2人のへたっぴな駆け引き、そして待望の、ちょっとぎこちないラブシーンは言うまでもなく必見!

また、本書には「スロウデイズ」の前後を描いた3作品&描き下ろしと、読み切り作品3作品も収録されており、読みごたえたっぷり。
キヨ&イノをとことん堪能できることはもちろん、個人的には「スロースターター」同様、高校が舞台の最後まで伝えられない初恋を描いた短編「あの箱庭」がせつなくてせつなくて、「私って社会人のカラミより高校生モノ、言い換えるとエロエロよりピュアピュアが好きなんだなぁ」と、改めて自覚した次第。
あぁでも、「風の隙間」のソフトSM描写も、これまた悪くないんですけどね……。



<文・藤咲茂(東京03製作)>
美酒佳肴、マンガ、ガンダム、日本国と陸海空自衛隊をこよなく愛し、なんとなくそれらをメシのタネにふらふらと生きる編集ライター。

単行本情報

  • 『スロウデイズ』 Amazonで購入
  • 『スロースターター』 Amazonで購入
  • 『カラフルライン』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]