このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『ドリフターズ』第5巻 平野耕太 【日刊マンガガイド】

2016/06/28


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『ドリフターズ』


dorihutazu_s05

『ドリフターズ』 第5巻
平野耕太 少年画報社 ¥555+税
(2016年6月6日発売)


ファンタジー風の世界に流された、現実世界の歴史上の人物たち。
時代を超えて大集合、という「オレの考えた最強の歴史上の人物大会」。
テレビアニメは秋から。どこまでやるんだろう?

第5巻は織田信長とサンジェルミを中心とした外交と政治の話が多め。
土方歳三との戦いで刀が折れちゃった特攻隊長・島津豊久は、お休み中。
彼は幼稚だしまっすぐすぎるし、仁義にのっとりすぎてとんでもない行動に出ることもある。
しかし政治外交などにはいっさい手出しをしない。
信長は「自分は戦以外役に立たぬと必死に 自分を律した結果 ああなのかも知れん」という。
さじ加減は彼の天性の勘。だれにも、信長ですら操作できない。

街に救助を求めてくる民衆の姿も描かれる。本来ここは慎重に信長やサンジェルミや安倍晴明ら、戦術ブレイン側が話し合って決めるべきだった。
ところが彼、唐突に民衆の前に飛び出し、叱りつける。
「ないごて故国ば戻って死なん」「ぬしゃらが黒王ん首ば取りに行くなら 俺も行って首ば掻き取ってやっど」

豊久が自分の理念で演説する様子(通称・薩摩劇場)はぜひ見ていただきたい。
島津豊久はどんなことがあろうと、いっさいぶれない。
押すと決めたら押す、引くと決めたら引く彼の生き方がはっきり描かれた巻だ。

一方で、表紙にもなっている菅野直が第三勢力で暴れ始めるもんだから、カオス度はアップ。
彼がまた無茶を通して道理をぶん殴るスタイルの大和魂の持ち主で、獣人たちの長になっちゃっている。
日本軍の空母「飛龍」とともにたどりついた山口多聞と邂逅。
連合艦隊再結成。何をするんです……?

漂流者(ドリフターズ)は別に人々を救うのが目的じゃない。
廃棄物(エンズ)も各々目的はバラバラだ。
ひとつだけ言えるのは、出てくるやつら全員戦いへの偏愛があるバカ、ということだ。



<文・たまごまご>
ライター。女の子が殴りあったり愛しあったり殺しあったりくつろいだりするマンガを集め続けています。
「たまごまごごはん」

単行本情報

  • 『ドリフターズ』 第5巻 Amazonで購入
  • 『ドリフターズ』 第1巻 Amazonで購入
  • 『ドリフターズ』 第2巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]