このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『花鈴のマウンド』 第1巻  紫々丸(原作) 星桜高校漫画研究会(漫画) 【日刊マンガガイド】【総力リコメンド】

2018/01/11


日々発売される膨大なマンガのなかから、「このマンガがすごい!WEB」が厳選したマンガ作品の新刊レビュー!

今回紹介するのは、『花鈴のマウンド』



『花鈴のマウンド』 第1巻
紫々丸(原作) 星桜高校漫画研究会(漫画) 大垣書店 ¥400+税
(2017年12月28日発売)

≪『花鈴のマウンド』は、公式サイトにて大好評連載中! マンガはこちらから!!≫


これは「女子野球」を題材にした物語だ。 主人公は、高校の女子硬式野球部に所属するピッチャー・桐谷花鈴。甲子園のマウンドで投げることを夢見て、日々野球の練習に励んでいる。

正直、女子野球になじみのない読者は多いだろう。かくいう筆者も野球好きを自認しているものの、はずかしながら、そうである。女子野球ワールドカップで、日本が2008年から5連覇していることも、あるスポーツバラエティを見ていてたまたま知ったくらいだ。とはいえそんな筆者ですら知っている、日本代表経験のある里綾実選手や川端友紀選手など、実際のプロ選手も本作には実名で登場する。女子プロ野球や野球の技術に関する豆知識も多いので、女子野球入門マンガとしても良作だ。

「ワンバウンド投球」など、実践的な豆知識が収録されているのも見どころ!

それに、なんといっても主人公・花鈴のひたむきさに好感がもてる。野球が大好きで天真爛漫な少女は、野球に対してどん欲だ。野球上達のためならどんなことだってやるんだ、という気概が感じられ、ぐいぐい引きこまれる。現在の日本のように、本作の中でも女子野球の試合は甲子園では行われない。それでもいつかは…という思いを花鈴は胸に秘めている。

女子プロ野球選手になることを夢見る花鈴。
実際に球団で活躍している選手がそのまま本作にも登場している。

花鈴のライバル、超高校級のスラッガー・柊木美玲のキャラもいい。クールビューティに見えて、ライバル心をむき出しにする花鈴に対してもごはんをおごったり、お菓子をあげたりと女の子らしい一面もあり、大和撫子的な存在感を放っている。

そしてやはり、青春マンガに恋愛はつきものだ。本作では花鈴を主軸に、甲子園を目指す男子硬式野球部の活躍も描かれる。花鈴の幼なじみである大門頼は、男子野球部のキャプテンだ。ともに青春を野球にかける2人がいつか幼なじみという枠組みから外れた関係になるのかも見ものだ。

幼なじみの花鈴と頼。
ピッチングの練習がきっかけで、2人の関係が変化してきて……!?


≪『花鈴のマウンド』は、公式サイトにて大好評連載中! マンガはこちらから!!≫




\「このマンガがすごい!WEB」でもマンガ特別掲載中! 下のバナーをクリックしてチェック!/

<文・穂高茉莉>
楽器店店員。『このマンガがすごい!2018』、「このマンガがすごい!WEB」のアンケートに参加中。最近少女マンガのレビューのお仕事もちょこちょこと始めました。

単行本情報

  • 『花鈴のマウンド』 新装版 … Amazonで購入
  • 『花鈴のマウンド』 新装版 … Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]