このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』第12巻 矢吹健太朗(画)長谷見沙貴(脚) 【日刊マンガガイド】

2014/12/26


toloveruda-kunesu_s12

『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』第12巻
矢吹健太朗(画)長谷見沙貴(脚) 集英社 \438+税
(2014年12月4日発売)


手を洗い清めてうがいをして柏手を打ってから深々と一礼、コミックを閉じてから「ありがとうございました」と土下座することを私が習慣としている『ToLOVEるダークネス』。
「週刊少年ジャンプ」本誌よりは年齢層が高めの「ジャンプスクエア」とはいえ、一般コミック誌の限界に挑戦し続ける表現力とアイデアに対しては、当然の礼儀である(個人の感想です)。

「ダークネス編」に入ってからのバトル展開は、それはそれで充実していたが、最新刊ではリトさんが主人公らしく、ラッキースケべを封印して本気を出した!

え、ハーレム計画と並んでテーマの二本柱のはずのダークネスが、あっさりケリが付いていいの?
いやいや、暴走して妹の芽亜にセクハラの限りを尽くしたヤミが、リトさんの指使いで「えっちいのは嫌いです」と恥じらいを取り戻した満漢全席フルコースに、不満があるわけないじゃないですか。

話が進む本編もいいけど、話の進まない番外編もごちそう。
満員電車のなかで古手川が汗だらけになる不可抗力の事故も清々しい気持ちになれますが、モモ(『ダークネス』の正ヒロイン)がリトの風呂に入るのを阻止するために、妹の美柑がかわりに……という雑誌掲載時から狂ってた話に、「ぺちっ」という擬音を追加した矢吹健太朗先生、あなたが神か!(個人の感想です)



<文・多根清史>
『オトナアニメ』(洋泉社)スーパーバイザー/フリーライター。著書に『ガンダムがわかれば世界がわかる』(宝島社)『教養としてのゲーム史』(筑摩書房)、共著に『超クソゲー3』『超ファミコン』(ともに太田出版)など。

単行本情報

  • 『To LOVEる -とらぶる- ダー… Amazonで購入
  • 『To LOVEる -とらぶる- ダー… Amazonで購入
  • 『To LOVEる -とらぶる- ダー… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

12月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • unnamed-2
  • konyahatsukiga300_65-2