このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【インタビュー】山口貴由『衛府の七忍』読者にウケてほしくて描いている! ――著者の「パねぇ」エンターテインメント精神に迫る

2018/03/19


人気漫画家のみなさんに“あの”マンガの製作秘話や、デビュー秘話などをインタビューする「このマンガがすごい!WEB」の大人気コーナー。

今回お話をうかがったのは、山口貴由先生!

舞台は徳川家康が力をふるう乱世の終わり。ある日、村の仲間を惨殺され、さらに力およばず憎き敵に殺されてしまった少年・カクゴ。しかしカクゴの前に龍が現われる。このまま常世(天国)へむかうか、あるいは怨身となりて再び乱世によみがえるか? そう問われた少年が選んだのは……。
「摩 骸 神 変 怨 怨 怨――――怨身忍者 零鬼見参」!!!!

『このマンガがすごい!2018』オトコ編にランクインした『衛府の七忍』。
『シグルイ』『エクゾスカル零』『覚悟のススメ』で独特ながらも圧倒的な筆致でマンガファンの心をつかむ、漫画家・山口貴由先生が2015年から「チャンピオンRED」(秋田書店)で連載中の残酷時代劇だ。死んだものの再び異形となった者たちや、徳川家康をめぐる人々のバトル&ドラマが描かれ、話題となっています。今回、最新第5巻の発売を記念し、著者の山口貴由先生にインタビューをさせていただきました!

著者:山口貴由

1966年生まれ。1985年マンガデビュー。小池一夫の弟子。代表作『覚悟のススメ』『シグルイ』(両作品とも秋田書店)。「月刊チャンピオンRED」(秋田書店)にて『衛府の七忍』連載中。
3月19日(月)に『衛府の七忍』第5巻が発売。


キャラクターは「いい役者」。スターシステムの理由とは

――まずは『このマンガがすごい!2018』のオトコ編、第5位にランキングされたことの感想からお聞かせください。

山口  メッチャクチャうれしかったですよ! なんていうんだろうな……このうれしさは。本当「神様の贈り物」ってぐらいですよ。毎月、いろんな作品を読ませていただいていますけど、どれもおもしろくて。そのなかから選ばれるっていうのは、本当にスゴイことだと思います。それに今回の『衛府の七忍』は、正直「ウケよう」と思ってやってますから(笑)。こういう場に出てくるのも、そういう気持ちの現れで。いつもは、もっと閉じてやってるんですけど。

――山口先生の作品は、これまでも非常に熱心なファンがついておられましたけど、『衛府の七忍』は「チェスト関ヶ原」などがネット上で話題となったことも手伝って、より幅広く読まれているような印象もあります。過去作品のキャラクターと名前やルックスが共通する人物が登場はしているんですけど、だからといって以前の作品を読んでないとわからないわけではないですし。

山口  だとしたら、ありがたいことです。「これ、わかんないだろうなぁ」って思われて、そのまま読まれないのが一番怖かったんですよ。特に「昔の作品を知らないと読めないのかな」とか思われそうじゃないですか。始めた頃はそういう不安があったんですけど、たとえば店頭で書店員さんがポップをつけてくれていたりしたのもうれしかったですし、今回『このマンガがすごい!』に取りあげられたことも、まだ読んでない人の背中を押してくれるんじゃないかなと思います。まぁ、初めて読む人には「よくわかんない」ってよくいわれるんですけど、「よくわかんないけどおもしろい」ともいわれるので、だったらいいかなと(笑)。

――初見でも「とにかくスゴイ!」というのは確実に伝わりますからね。ところで、いわゆる「スターシステム」的な、以前に描かれていたキャラクターを再び登場させることに理由はあるのでしょうか?

山口  理由というより、僕の感覚としてはキャラクターが役者みたいな感じで「大部屋にゴロゴロしている」というイメージなんです。で、役者がいるならそいつらを使おうかって、そういう認識でして。それにやっぱり、かつて主役を張ったキャラクターは「いい役者」なんですよ。「コイツ、いい演技するなぁ」って(笑)。そういう役者はまた使いたくなるじゃないですか。

第1巻から登場する葉隠谷のカクゴは、『エクゾスカル零』『覚悟のススメ』の主人公と同じ名前のキャラクター。ほかにも山口貴由作品ゆかりの人物が登場する。

――なるほど、そういわれるとわかりやすいですね。

山口  もちろん、僕のなかでは作品を越えたつながりはあるんですけど、タイトルが変われば別の人だということでかまわないと思っています。なので読む側としては『衛府の七忍』に“副教材”は必要ないですよと(笑)。ほかの作品も知ってる人は、それはそれでつながりを楽しんでいただいていいんですけど。

――ファンとしては、たとえば『シグルイ』の藤木源之助が『衛府の七忍』では、犬養幻之介として登場するようなことはやはりうれしいですね。『シグルイ』は原作の『駿河城御前試合』があるので仕方ないのですけど、源之助は非常に救いのない結末を迎えるわけじゃないですか。それが今回は、まぁ残酷なことになるとはいえ、友情で結ばれた猛丸(タケル)の遺体とひとつになって怨身忍者に転生するのは、ある意味で救われたような気持ちにもなったのですが。

前作『シグルイ』では主人公だった藤木源之助が、本編に登場! 彼もある少年との出会いで怨身忍者に転生する。

山口  もともと悲劇的な結末の話が、メジャー化する際に改変されるようなことは時折ありますし、そのほうが世間には広まって定着しやすいという面もあるんでしょうけれど、さすがに南條(範夫)先生が体験されたことなどを考えると、安易にハッピーエンドに変えるわけにはいきませんからね。なので『シグルイ』の結末はあれでいいと思っていますが、その物語から離れたところでまた幻之介のようなキャラクターを描けることは、たしかに僕自身にとっても救いになるところはあるかもしれません。

――ちなみに、現状でもっとも思い入れのあるキャラクターを挙げるとすれば、だれになるでしょうか?

山口  そうですね……。(兵藤)伊織ですかね?

――『エクゾスカル零』にも「兵頭伊織」として登場していましたけど、正直そんなに大活躍というわけではなかったような気がしますが……?

山口  ああいう「いてもいなくてもいいポジション」というのも、いいなと思えるポイントなんですけど(笑)、それまでと違うヒロイン像が描けたということで個人的には思い入れがあるんです。以前はそれこそカマボコ型の目に瞳もキラキラしてるようなヒロインしか描けなかったんですけど。性格的にも男に優しくて、もう“童貞ファンタジー”そのものみたいな(笑)。

――(一同笑)

カクゴと行動をともにする少女・伊織。12歳の時、米二俵を持ちあげ目から血が出たというエピソードも持つ豪胆娘。


『エクゾスカル零』の連載中からあった、『衛府の七忍』の構想

――ではあらためて、『衛府の七忍』の連載開始までの経緯もうかがっておきたいのですが。

山口  その話をするには『エクゾスカル零』の話もどうしても関わってくるんですけど……。もっというなら『シグルイ』が終わった時にまでさかのぼるんですが、あれを描き終わった時は本当に「空っぽ」の状態になっていたんです。“灰色の人間”みたいになっていて。でも、そういう状態ってなかなかなれるものじゃないんで、『エクゾスカル零』はそのモードのまま突っ走ろうと思って描き始めたんです。僕はストーリーを練りこむというよりは、自分のその時の気持ちとキャラクターをシンクロさせて描くタイプなので。あれはいってみれば、僕にとっては「マンガを描くためのマンガ」みたいなところもあったんですけど、とにかく最後まで暗いままでしたね。

はるか未来。文明が完全に崩壊した世界を舞台に、冷凍睡眠していた様々な時代のヒーローたちの、闘いや葛藤が描かれる物語。

――その状況(心境)から、『衛府の七忍』制作に至ったと?

山口  いえ。その時はまわりに人がいない、だれとも会わないような環境でやっていたんですけど、それの反動といいますか……。ふつふつと「人に会いたい」という気持ちが高まってきたこともあって、何か新しいことを始めたいなと。
なので、わりとほかの作品って急に始めちゃうことも多いんですけど、『衛府の七忍』は「今度はこういうのを描きたい」ということを、かなり担当と打ちあわせをしてからスタートしてるんです。『エクゾスカル零』は基本、人がいない世界だったので、「これがもし人がたくさんいる世界だったら、こういうことがやれるかな」というのがあったり。まぁ実際は、その打ちあわせで決めたことをぜんぜんやらないで、違うことばっかり描いてますけど(笑)。

――(一同笑)。

――では『エクゾスカル零』の連載中から、『衛府の七忍』の構想はあったということなんですね。

山口  それを『エクゾスカル』の新しい展開にしようかなと考えたこともあったんですけど、どうせやるならタイトルも変えて、違う作品として始めたほうがわかりやすいかなと思ったんです。結局、『エクゾスカル』のほうは「人はいずれ必ず死ぬ」みたいなノリでしたし、描く側があんな態度になってくると「もう読まないよ」って思われても仕方ないと思うんですよ。『覚悟のススメ』が好きだった人に怒られたこともありましたからね(笑)。
でも、それでもまだ残ってくれている人もいて、その時に「あぁ、いい読者に恵まれてるなぁ」って思ったんですけど、ここまで付いてきてくれているその人たちを、今度は笑わせてもいいんじゃないかなって。そういう、読み手に対する信頼みたいなものも『衛府の七忍』の根底にはあります。もう、僕にとってはその人たちとのつきあいが一番長いですからね。

単行本情報

  • 『衛府の七忍』第1巻 Amazonで購入
  • 『衛府の七忍』第2巻 Amazonで購入
  • 『衛府の七忍』第3巻 Amazonで購入
  • 『衛府の七忍』第4巻 Amazonで購入
  • 『衛府の七忍』第5巻 Amazonで購入
  • 『覚悟のススメ』第1巻 Amazonで購入
  • 『シグルイ』第1巻 Amazonで購入
  • 『エクゾスカル零』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]