このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『このマンガがすごい! comics 精神病棟ゆるふわ観察日記』(杉山なお)ロングレビュー! pixiv閲覧数累計100万PV超えの大人気コミックが単行本化! 刺激的だけどユルくてほんわか(?)精神病棟ライフ!?

2017/07/24


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

今回紹介するのは『このマンガがすごい! comics 精神病棟ゆるふわ観察日記』


yurufuwakannsatu_s01

『このマンガがすごい! comics 精神病棟ゆるふわ観察日記』
杉山なお 宝島社 ¥880+税
(2017年7月20日発売)


精神病棟でスタッフとして働く著者が、その体験をもとに、実際に病棟で出会った患者さん、医者や看護師たちの日常を描いて、pixivで第1話が閲覧数20万超えと話題になった作品を、大幅に加筆して単行本化。知りたくてもなかなか知ることのできない「精神病棟の内側」をのぞかせてくれる、コミックエッセイだ。

精神病棟の現場を知ることができるマンガといえば、看護師さんたちに取材して描かれた、『精神科ナースになったわけ』(水谷緑)がある。ほかにも統合失調症やうつ病当事者、あるいはその家族が描いたコミックエッセイはあるが、仕事をする側で、どちらかといえば、精神病棟に縁なくきた人たちの目線に近い、スタッフという立場から描かれたマンガは、今までなかった……はず、だ(あったらごめんなさい)。

そして、こんなにも精神病棟のなかを描いて「ゆるふわ」なマンガも! 
そう、タイトルにあるとおり、このマンガ、かなりの「ゆるふわ」。あるいは、「淡々とした、コミカル」っぷり、というか。最後まで、うまく形容しづらい、独特のテンションで話がすすむのだ。

主人公の仕事内容は、患者さんの入退院の手伝い、掃除やベッドメイクなど。その仕事は、働き始めて2週間くらいで、迷いこんだ外来の患者さんに杖で殴られて噛みつかれるなど、なかなかにハード。しかしそんな出来事も、ふわっと描かれている。

謎の患者さんに襲われる主人公。「こけ☆」の擬音文字や、「杖は反則…!」と思わずツッコんでいるところが、どこかコミカル。

謎の患者さんに襲われる主人公。「こけ☆」の擬音文字や、「杖は反則…!」と思わずツッコんでいるところが、どこかコミカル。


単行本情報

  • 『このマンガがすごい! comics… Amazonで購入
  • 『精神科ナースになったわけ』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]