このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【『このマンガがすごい!2018』オンナ編 第1位!】『マロニエ王国の七人の騎士』(岩本ナオ)【ロングレビュー!】『金の国 水の国』イケメン7人兄弟♡ あなたはだれ推し?? 岩本ナオ、待望の新作は恋と謎に満ちた中世ファンタジー!!

2017/12/18


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

★現在発売中の『このマンガがすごい!2018』オンナ編 第1位に輝いた
『マロニエ王国の七人の騎士』を紹介!!

『このマンガがすごい! 2018』
『このマンガがすごい!』編集部(編) 宝島社 ¥550+税
(2017年12月9日発売)


今回紹介するのは『マロニエ王国の七人の騎士』

『マロニエ王国の七人の騎士』著者の岩本ナオ先生から、コメントをいただきました!

著者:岩本ナオ

今までになく好きなものを詰めこんで楽しく描いています。
読んで頂けたらうれしいです。
皆様と長いおつきあいになりますように。


maronieoukokuno7ninnokishi_s01

『マロニエ王国の七人の騎士』 第1巻
岩本ナオ 小学館 ¥463+税
(2017年8月10日発売)


「このマンガがすごい!2017オンナ編」1位に輝いた『金の国 水の国』の岩本ナオの次作は『マロニエ王国の七人の騎士』。前作に引き続き、繊細に描きこまれた背景に魅せられる。
今度の舞台は緑豊かな中世風の世界だ。おもな舞台となる国「マロニエ王国」の騎士たちの名前はきっとキラキラした長い名前か、と思いきや、それぞれ「眠くない」「博愛」「暑がりや」「寒がりや」「獣使い」「剣自慢」「ハラペコ」であり、その名のとおりの特徴を持っている。
弱点が名前になっている人物もいるが、それゆえ無理をしないように、と兄弟をはじめとした周囲が気をつかう。うーん、やさしい世界。

171017maronieoukokuno7ninnokishi_s01_c1

仲よし兄弟が勢ぞろい。二つ名? 真の名は隠す? いや、どうやら本当に母親のバリバラのネーミングセンスによるもの……らしい。


彼ら兄弟の大義はただひとつ、「いつかかっこよく我が国のお姫様を助けること!!」というざっくりしたものである。

マロニエ王国は8つの国からなる大陸の真ん中に位置する国である。建国2000年を機に、7人は周辺に位置する「寒い国」「夜の長い国」「生き物の国」「食べ物が豊富な国」「暖かい国」「好色の国」「武力の国」各国へ騎士長を名乗り、大使として国の友好をはかるべし、と母である女将軍・バリバラからの命が下される。

旅立つ前に、身分を隠して男装したマロニエ王国の「姫」と「寒がりや」は、リスのために木の実を集め、交流を深める。その折に、「姫」のお見合いが何者かにより妨害を受けていることが判明する。黒幕はまだわからず、ひと波乱ありそうだ。ニブい「寒がりや」は、「姫」を男性と思いこんだままだが、友情のような感情も抱きつつ心配している。マロニエ王国を揺るがしうる陰謀と、ちょっぴりいびつなラブコメディの行方はいかに?

iwamotonao_color

単行本情報

  • 『マロニエ王国の七人の騎士』… Amazonで購入
  • 『金の国 水の国』 Amazonで購入
  • 『町でうわさの天狗の子』 第1巻 Amazonで購入
  • 『このマンガがすごい! 2018』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]