このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『筆跡鑑定人・東雲清一郎は書を書かない。』 (すがはら竜(画) 谷春慶(作) カズアキ(キャラクター原案)) ロングレビュー!  「筆跡」は口ほどに物をいう!? イケメン×毒舌(おまけに変人)書道家が「文字」にこめられた想いから、謎を解く!!

2018/02/24


話題の“あの”マンガの魅力を、作中カットとともにたっぷり紹介するロングレビュー。ときには漫画家ご本人からのコメントも!

今回紹介するのは『筆跡鑑定人・東雲清一郎は書を書かない。』

『怪奇まんが道』著者の宮崎克先生、あだちつよし先生から、コメントをいただきました!

作画:すがはら竜

文字を書くのが苦手だった私が、文字に興味を持ちました。
うんちくのおもしろさに、個性的なキャラたち。
これを絵で、マンガで、表現出来るのがすごく楽しいです。
この小説に出会えて幸せです。

『筆跡鑑定人・東雲清一郎は書を書かない。』
すがはら竜(画) 谷春慶(作) カズアキ(キャラクター原案) ¥690+税
(2018年2月22日発売)


原作は大人気ミステリー小説。筆跡鑑定で謎を解く“探偵役”は超イケメンゆえにコミカライズ映え必至、待望の第1巻が刊行された。

ヒロインは鎌倉学院大学2年生の近藤美咲。大学進学を機に上京し、祖父母の家に下宿している彼女は、年月を重ねても仲むつまじい2人の姿に憧れていた。ところが、祖父の死後に、祖母とは違う女性宛の書きかけのラブレターが発見されたのだ。
どうにも納得がいかない美咲は、このラブレターが本当に祖父の手によるものなのか確かめようと決心。「筆跡心理学」を研究している大学の准教授に相談したところ、美咲と同学年で天才的な書道家である東雲清一郎を推薦されたのである。

ところが、この東雲という男、見た目は端正きわまりないイケメンなのだが中味は超のつくド変人のド偏屈! 人との関わりを拒絶し、口を開けば切って捨てるかのような毒舌が飛び出す。
人の字を見るのが嫌いで、書道家だというのに字を書きたがらず、授業のノートもパソコンでとっているほど。
頼みごとをするには面倒くさすぎる、できれば近づきたくない相手だが、モヤモヤを晴らしたい美咲は苦心して東雲をかり出すことに成功。

そして、くだんのラブレターを手にした東雲は、その筆跡から様々な事実を読み解いていく!

人の肉筆を見て、常人には計り知れない様々な情報を読み取ってみせる東雲。同一人物の筆跡かどうかだけでなく、字が書かれたときの感情までも見通してしまう。

単行本情報

  • 『筆跡鑑定人・東雲清一郎は書… Amazonで購入
  • 『筆跡鑑定人・東雲清一郎は書… Amazonで購入
  • 『筆跡鑑定人・東雲清一郎は書… Amazonで購入
  • 『筆跡鑑定人・東雲清一郎は書… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]