このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『恋は雨上がりのように』(眉月じゅん)ロングレビュー! 寡黙な美少女が恋した相手は……バツイチ子持ちのさえないオジサン

2015/02/25


Koiame_01_Cover_H1

『恋は雨上がりのように』第1巻
眉月じゅん 小学館 \552+税
(2015年1月9日発売)


無口で美人な女子高生が、バイト先であるファミレスの店長に恋をした。
店長はバツイチ子持ちの、頼れるオジサマというポジションからはほど遠い、さえない「オジサン」である。

内向的なところもあるけど、若くてスタイルがよくて眼も大きくて、髪の毛がサラサラで脚も長い(走ると速いけれど、陸上部で負った怪我の後遺症がある)……などなど、オジサン側からの理想を具現化したかのような主人公の少女が、ダメな姿を晒している店長に恋をする様子は、普通に考えたら痛ましい。やめておきなさい、と言ってあげたい。

koiame_s01r

一般的にいって、美少女がダメな成人男性に憧れる様子を描くのは「危うさ」をはらむ。
先述のとおり、理想を描いただけのご都合主義になってしまうからだ。読者にとってリアリティがない(事例としてはなくもないと思うが……)。
ある意味で、オジサンが美少女に一方的に好意を寄せる構図のほうが、まだ正直なぶんだけ、いくぶんマシかもしれない。

目つきが厳しいけれど、どう見ても美少女。彼女のかわいらしさを眺めているだけでも楽しめる作品だ。

目つきが厳しいけれど、どう見ても美少女。彼女のかわいらしさを眺めているだけでも楽しめる作品だ。

その点、本作はその「危うさ」を少女の無口さと、店長の油脂感の少ないダメっぽさによってかなり希薄化している。
希薄ながら漂う「これでいいんだろうか?」という危うい雰囲気と、それを覆い隠してあまりある2人の「ガツガツしていない感じ」が本作の魅力である。
タイトルにある「雨上がり」の雲間から光が差し込むような「爽やかさ」が本作の全体を満たしている。

koiame_s02r

単行本情報

  • 『恋は雨上がりのように』第1巻 Amazonで購入
  • 『新世紀エヴァンゲリオン』第… Amazonで購入
  • 『ウツボラ』第2巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

12月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]
  • unnamed-2
  • konyahatsukiga300_65-2