このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

今週は、なんのマンガを読めばいい?(2月22日~2月28日)【きょうのマンガ まとめ】

2016/02/22


1年365日、そのどれもが何かの記念日です。

そんな「きょうは何の日?」にちなんだマンガを紹介するコラムが「きょうのマンガ」コーナー。
毎日、その日が始まる午前0時ちょうどに更新されている「このマンガがすごい!」の人気コーナーです。この記事では、2015年に配信された「きょうのマンガ」から、この1週間の「きょうのマンガ」をまとめて紹介しちゃいます!
もちろん、毎日の「きょうはなんの日」は、今までどおり、日々更新していきますよー。

それでは、2月22日~2月28日までの「きょうのマンガ」をどうぞ!

2月22日~2月28日の「きょうのマンガ」

2月22日 行政書士記念日

kabachi!!!_s01

『カバチ!!! -カバチタレ! 3-』第1巻
田島隆(原)東風孝広(画) 講談社 ¥552+税


官公署に提出する書類を代行する職業「行政書士」に関連する行政書士法の施行にちなんだ記念日。

世間では「代書屋」などと印象のよくない呼ばれ方もする、行政書士のお仕事を描く『カバチタレ!』シリーズをご紹介。
じつは行政書士ってこんな仕事してるの!? と新鮮な驚きも。

≪記事の続きはコチラから≫

2月23日 妊婦さんの日

HIGEnoNINPU43age_s

『ヒゲの妊婦(43)』
ひうらさとる 講談社 ¥667+税


妊婦をテーマにしたコメディ映画の公開にちなみ「2(にん)、2(ぷ)、3(さん)」の語呂合わせで誕生した記念日。

そこで、漫画家のひうらさとるが御年43歳にして妊娠、第1子を出産するまでを描いたエッセイマンガ『ヒゲの妊婦(43)』をご紹介。
結婚や妊娠といった人生の一大イベントまでマンガにしてしまう、漫画家という職業の“宿命”みたいなものを感じずにはいられません!

≪記事の続きはコチラから≫

2月24日 江戸幕府がミシンの講習会を開いた日

kabushikigaishalovecoton_s01

『株式会社ラブコットン』第1巻
樫の木ちゃん 集英社 ¥390+税


江戸時代最後の年でもある1868年のこの日に幕府によって開催された、ミシンの講習会にちなんだ日。
記事では日本におけるミシンの歴史にも触れています。

ここではミシンと密接な関係がある「ファッション」の分野で、ちょっと異色のテーマに踏みこむマンガ『株式会社ラブコットン』をご紹介。
なんと女子高生がファッションブランドを立ち上げるって!?

≪記事の続きはコチラから≫

2月25日 映画『未知との遭遇』が日本公開された日

Doraemon_s17

『てんとう虫コミックス ドラえもん』第17巻
藤子・F・不二雄 小学館 ¥429+税


この日は、巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督によるSF映画の金字塔『未知との遭遇』が、日本で公開された日。

記事ではこの映画がどのくらい大ヒットし、日本の創作ジャンルに影響に与えたたかに触れつつ、それを代表するマンガとして『ドラえもん』の1エピソードをご紹介します。
さて『ドラえもん』に、『未知との遭遇』はどのようなかたちであらわれたのでしょうか?

≪記事の続きはコチラから≫

2月26日 バッファロー・ビル(ガンマン)の誕生日

Jabberwocky_s06

『ジャバウォッキー』第6巻
久正人 アース・スターエンターテイメント ¥595+税


本名の「ウィリアム・F・コディー」ではほとんど知られていませんが、あだ名の「バッファロー・ビル」と聞けば思いあたる人も多いのでは? この日はバッファロー・ビルの誕生日です。

バッファロー・ビルがどんな人物だったかは記事を見ていただくことにして、彼が登場するマンガとして『ジャバウォッキー』をご紹介。
人類と進化した恐竜が共存している19世紀の世界で、歴史上の有名事件に恐竜の関与があったという設定で展開するアクション活劇。
バッファロー・ビルが割り当てられている“役割”がすごい!?

≪記事の続きはコチラから≫

2月27日 フランス王アンリ4世が戴冠した日

ouhiMARGO_s01

『王妃マルゴ』第1巻
萩尾望都 集英社 ¥619+税


世界史のなかでも特に複雑怪奇で、受験生も脱落しがちな16世紀末のフランスで、フランス王位の争奪戦に勝ち残ったナバラ王アンリことアンリ4世がフランス王位についたのがこの日です。

華やかな女性遍歴を誇るプレイボーイだったナバラ王アンリの最初の結婚相手となるマルグリット・ド・ヴァロワ、通称マルゴが主人公となるマンガ『王妃マルゴ』をご紹介。
シャルル9世とアンリ4世のマルゴをめぐるラブバトルは胸アツ!

≪記事の続きはコチラから≫

2月28日 織部の日

heugemono_s01

『へうげもの』第1巻
山田芳裕 講談社 ¥524+税


戦国武将にして偉大な茶人・千利休の弟子でもあった古田織部にちなんで、織部焼発祥の地である岐阜県土岐市が制定した記念日。

武将なのに茶の湯や美術品をこよなく愛する粋人で、いわばオタクのパイオニア的存在だった古田織部が主人公で、当時流行のカルチャーをときにコミカルに、ときにラディカルに描くマンガをご紹介。
最新21巻では、ついに大阪冬の陣に突入!?

≪記事の続きはコチラから≫

単行本情報

  • 『カバチ!!! -カバチタレ! 3-… Amazonで購入
  • 『ヒゲの妊婦(43)』 Amazonで購入
  • 『株式会社ラブコットン』第1巻 Amazonで購入
  • 『てんとう虫コミックス ドラ… Amazonで購入
  • 『ジャバウォッキー』第6巻 Amazonで購入
  • 『王妃マルゴ』第1巻 Amazonで購入
  • 『へうげもの』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]