このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【ランキング 番外編】 このマンガだってすごい! アンケート参加者イチオシ単行本(12/1~12/31発売)

2017/01/28


毎月その月に読むべき新刊マンガをランキング形式でお伝えする月刊ランキング。
トップ10には惜しくもランクインしなかったものの、「このマンガがすごい!」が誇るランキング選者たちがオススメするマンガを、熱い推薦コメントとともに紹介するのが、こちらの番外編です。
推薦コメントを読んで気になる作品があったら、さっそく書店へGO!



『終末のハーレム』宵野コタロー(画)LINK(作)(集英社)【Amazon

shuumatuharlem02

今回もサービスシーンが多めながら、社会が崩壊したディストピアで必死で生き延びていく男女を上手に描いている(怜人を陥れた技術長官も含めて)。ハードなS、ハードなエッチはエンタメとしてグッド(かーず/個人ニュースサイト「かーずSP」管理人)



『ホクサイと飯さえあれば』鈴木小波(講談社)【Amazon

hokusaitomesi04

料理がだんだん手が込んできた。進路に悩む青春でも、飯はうまい!(卯月鮎/書評家・ゲームコラムニスト)



『探さないでください』中川学(平凡社)【Amazon

sagasanaidekudasai

これを読んで、辛かったら逃げてもいいんだって思える人がひとりでも増えたらいいな。マジで人生なにが幸いするかわからないし、どう転んでも人生やりなおしが効く! と思えます(井口啓子/文化系ライター)

「日刊マンガガイド」でのご紹介は、コチラ



『パラフィリア~人間椅子奇譚~』佐藤まさき(小学館)【Amazon

paraphilia01

椅子になることを選んだ女子の奇妙な百合作品。人とまともに目を合わせられない女の子がコミュニケーションを取ろうと思ったら椅子になるしかなかったのか? 猟奇的展開に主人公がこの先どうなっていくのか非常に気になります。(いけさん/ブログ「いけさんフロムエル」管理人)



『螺旋じかけの海』永田礼路(講談社)【Amazon

rasenjikakenoumi02

遺伝子操作が産業になる、遺伝情報で差別され、人として扱われない人がいる世界のお話。ひとつひとつのエピソードに泣きそうになったり背筋が寒くなったりします。SFなのに、どこか現実的で目が離せません(アキミ/「ボーイズラブを読む!」管理人)



『サンタクロースの候補生』染谷みのる(芳文社)【Amazon

santaclaus01

職業・サンタクロースなお仕事マンガ。“実在する”サンタクロースの仕事とはどのようなものか、を公認サンタクロース監修のもと、マンガになっているという、それだけでもう興味津々。「人を笑顔にする仕事」「絶対的な味方であること」とはどのようなことであるのか、楽しいだけじゃない現実との対比もいろいろ考えさせられます(山本浩平/まんだらけうめだ店コミックスタッフ)



『星上くんはどうかしている』アサダニッキ(講談社)【Amazon

hoshibamikunha

完結。最初はことなかれ主義の八方美人だったいさりが、ひとつひとつの事態にキチンと立ち向かっていくようになる成長譚でもありましした。お幸せに! (冬蜂/風俗情報サイト「フーゾクDX」制作部)



関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]