このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

『まりあ†ほりっく』第14巻 遠藤海成 【日刊マンガガイド】

2015/03/17


mariaholic_s14

『まりあ†ほりっく』第14巻
遠藤海成 KADOKAWA \561+税
(2015年2月23日発売)


「月刊コミックアライブ」にて、足かけ10年にもおよぶ連載を続けた『まりあ†ほりっく』がついに完結。
アニメ化も第2期までされた人気作の大団円だが、主人公(で合ってるのか?)の宮前かなこのポンコツっぷりは、まったくもって通常営業。そこがたまらなくステキです。

今さらながら、いちおう概要を書いておくと、たぶん主人公の宮前かなこ(あえてヒロインとは呼ばない)は、重度の妄想癖と百合趣味を持った高校2年生。
そんな彼女が、「理想の出会い」を求めて天の妃女学院に転入してくるのだが、女子寮のルームメイトとなる祇堂鞠也が好みドストライクの美少女かと思いきや、とある事情から正体を隠し、女装して双子の妹と入れ替わっているドSの男だった──というお話。

そして宮前かなこが学園祭やプール実習に大浴場など、あらゆるイベントや日常シーンで高まる妄想のあまり鼻血の大出血、というベタな騒動を起こしつつ、まったく理想の出会いには辿りつかずに、被虐の日々を送る(※一般的にはこれを「自業自得」と呼ぶ)。
最終巻になってもかなこの扱いのヒドさは、まったくブレがない。

最終エピソードは祇堂鞠也と、その妹(本来の祇堂鞠也)の静珠の入れかわりに関して、非常に美しく決着がつくというのに、なんと、かなこはほとんど蚊帳の外のまま話は終わるのである。もちろん、一方的に「運命の相手」と最終的に思い込む静珠とも、なにもありません!
「これで終わり!?」という感想もきっとあるとは思うが、むしろ最後だけ取ってつけたようないい話にせず、かなこが雑に扱われて終わりというところに愛を感じるような気がしなくもない……かも?

なお、その宮前かなこさん、たしか主人公であるにもかかわらず、とうとう通常版では一度も単行本の表紙を飾ることなく終わるという徹底した扱いの悪さもスゴイのだが、ついに最終巻の小冊子付き特装版では、満面のドヤ顔で表紙を飾っているので、そこも要注目。この「特装版だけ」ってところがミソでしょう。
特装版は、小冊子に収録されている豪華なメンツからのメッセージイラストも必見です!



<文・大黒秀一>
主に「東映ヒーローMAX」などで特撮・エンタメ周辺記事を執筆中。過剰で過激な作風を好み、「大人の鑑賞に耐えうる」という言葉と観点を何よりも憎む。

単行本情報

  • 『まりあ†ほりっく』第14巻 Amazonで購入
  • 『まりあ†ほりっく』第1巻 Amazonで購入
  • 『破天荒遊戯』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]