このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【ランキング 番外編】 このマンガだってすごい! アンケート参加者イチオシ単行本(6/1~6/30発売)

2014/08/14


8月の『このマンガがすごい!WEB』も、ランキング記事の制作のため、多数の方々にアンケートへとご参加いただきました。
アンケート参加者の皆さんがチョイスした作品のなかから、惜しくもトップ10へのランクインはしなかったものの、『このマンガがすごい!WEB』が全力でオススメしたい作品を、推薦者の皆さんの熱いコメントとともにご紹介します!



『アンネッタの散歩道』清瀬赤目(芳文社)【Amazon
「きらら」からまた新しい才能が! 妖精と人間の交流を描いた作品。文通、手紙と言う手段を通じてお互いの理解を深めていくのですが、それを読む読者である僕らもその手紙を通じて彼女たちがいとおしくなってきます。ダブリンの街、妖精が歩く旅の風景。非常に今後が楽しみな作品です!(塚本浩司/「COMIC ZIN」商業誌部門責任者)

annetta_s01

「日刊マンガガイド」でのご紹介は、コチラ



『ぼくは麻理のなか』押見修造(双葉社)【Amazon
「おれがあいつであいつがおれで」な青春ドラマの古典を踏襲しつつ、「自分(自意識)がいちばん怖い(敵であり武器にもなる)」という押見修造哲学が描かれた作品…になるのかな? まだまだ真相はわからないけれど「漂流ネットカフェ」同様、楳図かずお「洗礼」をさらに超えてゆく展開に期待!(井口啓子/ライター)

bokuhamari_03

「日刊マンガガイド」でのご紹介は、コチラ



『今日の恋のダイヤ』草川為(白泉社)【Amazon
草川為先生が大人の不器用な恋愛ものを描くという意外さ。それでいて、しっかり歯痒さと切なさを一話に落し込むこなれ感と安心感。ドツボでした(いづき/ブログ「オトコでも読める少女マンガ」管理人)



『橙は、半透明に二度寝する』阿部洋一(講談社)【Amazon
不可思議な世界と青春とを描いてきた作者の連作短編集となっている。キャラクターのおかしさは現代的である。他方、幻想の儚さは水木しげるや諸星大二郎、高橋葉介にも通じる。コミカルでいて、物悲しい(森田真功/ライター、ブログ「Lエルトセヴン7 第2ステージ」管理人)

daidaihahanntoumeininidonesuru_s01

『あまあま』志摩時緒(白泉社)【Amazon
セックス描写が一切ないのに、「優等生と放課後毎日している……」という設定にすべてつながっていると想像するだけで、あらゆる描写がそこに向けて描かれているように思われ、無性にエロい気持ちになった。半月くらいこのマンガにやられていた(紙屋高雪/ブログ「紙屋研究所」管理人)



『宇宙怪人みずきちゃん』たばよう(秋田書店)【Amazon
また秋田書店が異形の才能を見つけてしまったのか! 縦横無尽で快楽的、命を何とも思ってない宇宙人みずきちゃんの言動にこっちが勝手にハラハラして不安を抱いてしまう。そんな凶悪宇宙人なのに姿形は可憐な女子高生だからずるいことこの上ないんです。そんなの無敵に決まってるじゃん(ササナミ/ブログ「雑食商店街3373番地」管理人 兼 書店員)

uchukaijinmizukichan_s01

『ドロヘドロ』林田球(小学館)【Amazon
前巻の「最終巻」予告を裏切って、「もうちっと続くんじゃよ」的な展開が、ファンは素直にうれしいです(梅本ゆうこ/ブログ「マンガ食堂」管理人)



『イノサン』坂本眞一(集英社)【Amazon
処刑人の家系がいよいよ代替わりして、物語が加速してきました。怖いけどページをめくる手が止まりません(アキミ/ブログ「ボーイズラブを読む!」管理人)

innocent_s05

「日刊マンガガイド」でのご紹介は、コチラ



『アマノガワ ふくやまけいこのお蔵出し』ふくやまけいこ(復刊ドットコム)【Amazon
ふくやまけいこ先生の長年のお仕事と、培われた魅力を、あますことなく堪能できる、非常にすてきな一冊です。序盤にピンナップやカラーページもあり、読後の満足感はぜひ皆様にも味わっていただきたいです(大野茜/「紀伊國屋書店」新宿本店 コミック売場 書店員)



amanogawa_s01

『メイドインアビス』つくしあきひと(竹書房)【Amazon
地下穴冒険SFの最新刊! 生物や古代遺産、現象など地下世界設定が細かく、美しい(太田和成/「あゆみBOOKS」五反田店 コミック担当)

madeinabiss_s02

『姉キュン!』柚木N'(茜新社)
姉萌えの読者の皆様に絶大な支持を得ている柚木 N'さんの最新作は、様々なお姉ちゃんにキュンキュンしちゃう1冊。背徳感を置き去りにしているかのようなお姉ちゃんとの甘々な日々が、よりキャッチーになった絵柄で描写され実用性120%アップしております。あなたのお姉ちゃんライフを満足させる1冊がここにあります(エロ上司/「とらのあな」商品課バイヤー)



『かわいい闇』マリー・ポムピュイ/ファビアン・ヴェルマン(作)原正人(訳)ケラスコエット(河出書房新社)【Amazon
「マンガ絵本」とも言われる作品。タイトルが的確すぎるので、この『かわいい闇』という文字列に反応する人なら手にとって損はないと思います(永田希/書評家、「Book News」運営)

kawaiiyami_s01

『神様、キサマを殺したい。』松橋犬輔(集英社)【Amazon
連載開始当初から毎月気になっていたこちら、にっこり笑いながらブッ殺しまくりだわ、先が読めないわ、とにかくヤバイ。イッキ読み推奨!(宮川元良/「恵文社」通販部 部長)

kamisamakisamawokoroshitai_s01

「日刊マンガガイド」でのご紹介は、コチラ



『ヒャッハーだよ♪ふなっしー』まえだくん(小学館)【Amazon
連載中から話題沸騰。子どもマンガだから容赦なっしー? 損壊・切断ネタ多いけど、あの大人気ゆるキャラに対してこっそり感じている加虐心を満たしてくれて、かえって愛せました(マジ)!(和智永妙/ライターときどき編集)



『そばもん』山本おさむ(小学館)【Amazon
話題になった「福島編」が入っています。今の日本に足りていない人が多いと思う「正しく放射線を怖がるということはどういうことか」を、蕎麦を例にわかりやすく話してくれています(杉村啓/料理マンガ研究家)

sobamon_s15

「日刊マンガガイド」でのご紹介は、コチラ



関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]