このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【2月の「このマンガがすごい!」ランキング オトコ編】本誌ランキング第1位大今良時先生・阿部共実先生の最新単行本が両方登場!!

2015/01/20


皆さん、こたつでマンガ、読んでますか!?
今回も、寒い冬の読書ライフを充実させる『このマンガがすごい!WEB』の月間ランキング発表の日がやってまいりました!

今月のオトコ編は、なんと本誌『このマンガがすごい!2015』のランキングで、オトコ編&オンナ編の第1位となった2人の漫画家さんの最新単行本が、両方ともランクインするという珍しい事態が発生!
ほかにも、ネットを中心に「心をえぐる」と驚きの声が上がった作品や、同作家の短編集2冊など、話題作が盛りだくさん。そのくわしい内容は……ご自身の目でご確認を!!

(2014年12月1日~12月31日発売作品を集計)


⇒⇒⇒ランキング「オンナ編」も要チェック!!


第1位(150ポイント)

『水色の部屋』 ゴトウユキコ

mizuironoheya_s_jyo

『水色の部屋』
ゴトウユキコ 太田出版


「母さんがレイプされた」――という衝撃のキャッチフレーズに、まず目を奪われた人が多数。
地味で無口な高校生の柄本正文は、美しい母・サホと2人暮らし。彼はある過去の記憶から、母に対して屈折した愛情を抱いている。感情を表に出さない正文に、幼なじみの三好京子だけは親しく接する。そして彼女の交際相手・河野も、だんだんと正文と親しくなる。正文の周囲の日常は、淡々と進んでいくかのように思えたが……。
その心をえぐるようなストーリー、そして体温を感じさせるようなタッチに、思わずページを一気にめくり読みきってしまった、という感想が多く集まりました。

オススメボイス!

日常生活の裏側に潜むほの暗い闇が侵食してくる怖さが背筋を寒くする。それでも読む手を止められない(太田和成/「あゆみBOOKS」五反田店 コミック担当)
■ストーリーはもとより、荒削りで生温かい体温を感じさせる絵柄がエロイ! なにげない表情のとらえ方&描き方もうまい!(井口啓子/文化系ライター)
■冒頭から衝撃。下巻でどう決着つけるのか楽しみ。前作よりも表現力がアップしている(早川博志/「恭文堂」コミッククラフト店)
■内容が……読んでいただくしかないのですが……読むと心をえぐられます。でも目が離せない。早く下巻を所望いたします(福丸泰幸/「喜久屋書店」漫画館京都店 店長)

「日刊マンガガイド」でのご紹介は、コチラ!!

第2位(130ポイント)

『福島鉄平短編集 アマリリス』 福島鉄平

amaryllis_s

『福島鉄平短編集 アマリリス』
福島鉄平 集英社


親に捨てられ、借金のカタに「へんたいのおじさん」によって女装少年キャバクラへ売られた11歳の男の子・ジャン。彼は街で同い年の少年ポールと出会い、唯一の安らげる場所を得たものの、ポールの純粋さに、いつしか引け目を感じるようになり……。
「週刊少年ジャンプ」で異色の時代劇少年マンガを連載していたことでも知られる著者が、青年誌進出後に描いた作品をメインとした短編集。表題作ほか、描き下ろしを含む6編が収録されています。セクシャリティをテーマに、各キャラクターの繊細な心をかわいらしいタッチで描き切る手法が絶賛されました。

オススメボイス!

『サムライうさぎ』の福島鉄平の新境地! 同時発売の『スイミング』もあるけれど、『アマリリス』が特によい!!(福丸泰幸/「喜久屋書店」漫画館京都店 店長)
■福島鉄平の心の繊細さを描く能力が最大限に発揮された傑作短篇集。ファンだけでなく、多くの大人に読んでほしい、少年少女時代の、失われた物語(たまごまご/ライター)
■「イーサン飯店の兄弟は今日も仲良し」という、弟のために強く正しい兄の姿を見せるという理想の短編に、一番グッと来ました。初期作品集の『スイミング』もオススメ(太田和成/「あゆみBOOKS」五反田店 コミック担当)
■「少年ジャンプ」連載作家だった福島鉄平が、青年マンガにおける短編の名手として大成した! 題材が特殊に見えても、描かれるのは生きることに傷つき苦しむ普遍的な心情。絵柄がくるんと丸っこいため、どんなに痛ましい場面でもするっと読める。童話のような趣(宮本直毅/ライター)
表題作「アマリリス」が掲載された「ミラクルジャンプ」は品薄になり、コミッククラスタが探し求めてさまよったという作品。同時発売の『スイミング』もオススメ(早川博志/「恭文堂」コミッククラフト店)
文句なしの珠玉の短編集。キャラ造型のかわいらしさとサラリと内包されたフェティッシュな味もさることながら、とにかく心情の機微の描写のうまさにすっかり参ってしまった。「へんたいのおじさんに売られた少年」の葛藤と切ない友情の顛末を描いた表題作は、苦さのあるストーリーなのだけど、一方でこれが「尊い」ということかと。兄弟の見えない絆を描いた「イーサン飯店の兄弟は今日も仲良し」や、からかい半分の女装を介した同級生との思わぬ交流を描いた「私と小百合」など、表題作以外の短編も甲乙つけがたいすばらしい内容。同時発売された『スイミング』ともども、のめりこまされました(さすらい/ブログ「(怒りの以下略)」管理人)

「日刊マンガガイド」でのご紹介は、コチラ!!

第3位(88ポイント)

『僕だけがいない街』 三部けい

bokudakegainaimachi_s05

『僕だけがいない街』
三部けい KADOKAWA


人づきあいが苦手な新人漫画家・藤沼悟は「再上映(リバイバル)」という、時間をさかのぼる力を持っていた。彼は、かつて誘拐殺人事件の犠牲になった小学生時代の同級生・雛月加代を救うため、3度の“再上映”を行う。彼女の救出に成功した悟だが、誘拐殺人事件そのものは未解決のまま。そして事件を追い続ける彼は、恐ろしい事実に直面する……。
本誌『このマンガがすごい!2014』『このマンガがすごい!2015』で2年連続ランクインし、前巻も8月のWEB月間ランキングに入った本作。驚愕の展開を見せた最新刊が、ついにWEBランキングにてベスト3に入りました!

オススメボイス!

■読み終えたとき、主人公と同じ表情になっていた(KT./マンガと装丁のブログ「良いコミック」管理人)
■変えることができた過去。平穏の日常に影を潜めている脅威。そして、ついに真犯人が姿を現した(kaito2198/海外翻訳者)
ジェットコースター的な、物語の緩急のつけ方にヤられる(加山竜司/フリーライター)

著者への「インタビュー」(前編)は、コチラ!!

単行本情報

  • 『水色の部屋』上巻 Amazonで購入
  • 『福島鉄平短編集 アマリリス』 Amazonで購入
  • 『僕だけがいない街』第5巻 Amazonで購入
  • 『聲の形』第7巻 Amazonで購入
  • 『決してマネしないでください… Amazonで購入
  • 『死にたくなるしょうもない日… Amazonで購入
  • 『東京喰種 トーキョーグール:… Amazonで購入
  • 『おかえりなさいサナギさん』… Amazonで購入
  • 『福島鉄平短編集 スイミング』 Amazonで購入
  • 『忘却のサチコ』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]