このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

来週は、なんのマンガを読めばいい?(12月12日~12月18日)【きょうのマンガ まとめ】

2016/12/11


1年365日、そのどれもが何かの記念日です。

そんな「きょうは何の日?」にちなんだマンガを紹介するコラムが「きょうのマンガ」コーナー。
毎日、その日が始まる午前0時ちょうどに更新されている「このマンガがすごい!」の人気コーナーです。この記事では、2015年に配信された「きょうのマンガ」から、来週1週間の「きょうのマンガ」をまとめて紹介しちゃいます!
この「きょうのマンガまとめ」は前週の日曜日に、“来週読むべきマンガ”をお知らせしまーす♪
もちろん、毎日の「きょうはなんの日」は、今までどおり、日々更新していきますよー。

それでは、12月5日~12月11日までの「きょうのマンガ」をどうぞ!

12月12日~12月18日の「きょうのマンガ」

12月12日 モナ・リザが発見された日

nuubee_s05

『地獄先生ぬ~べ~』 第5巻
真倉翔(作) 岡野剛(画) 集英社 \390+税

1913年12月12日、世界的名画「モナ・リザ」が発見されました。
「モナ・リザって、意外に最近見つかった画なんだな……」と、思ったら、背景にはとんでもない事件が! その経緯は、記事の続きに書かれていますよ。
世界的名画だけに「モナ・リザ」の複製画を目にすることは多いですが、『地獄先生ぬ~べ~』の舞台、童守小学校にある「モナ・リザ」はとんでもない1枚。なんと、画から「人食いモナリザ」が抜け出してきて、夜な夜な飼育小屋のウサギを食い殺すのです!!
トラウマものな話ですが、事件解決後の「人食いモナリザ」は意外にお茶目な面も。というのも……

≪記事の続きはコチラから≫

12月13日 浅田次郎(小説家)の誕生日

mibugishiden_s01

『壬生義士伝』 第1巻
浅田次郎(作) ながやす巧(画) 集英社 \580+税

12月13日は、「平成の泣かせ屋」の異名を誇る小説家・浅田次郎の誕生日。
直木賞受賞作『鉄道員(ぽっぽや)』など、数々の名作を手がける日本屈指の小説家です。
そんな浅田次郎の代表作のひとつ、『壬生義士伝』のコミカライズ作品をご紹介します。
題材は、みんな大好き新選組!! 主人公は、近藤勇か土方歳三か……と思ったら?
圧倒的な美しさの風景が、浅田次郎のストーリーをますます引き立てていて、原作ファンも、そうでない方も必見の1作です!!

≪記事の続きはコチラから≫

12月14日 日本政府が米輸入の部分開放を決定した日

asahigohan_s01

『あさひごはん』 第1巻
小池田マヤ リイド社 \815+税

1993年、記録的な冷夏により、米の収穫量が例年の7割程度になったため、同年の12月14日、日本政府が米輸入の部分開放を決定しました。
あって当然だと思っている食料がない! という時に必要なのが、“工夫”。
本作『あさひごはん』は、主人公のあさひ君が、おじいさんの霊(!)の力を借りて独創的なアイデアで朝食を作っていくグルメマンガです。
そのレシピのひとつが、記事の続きに書かれていますが、おいしそ~!!
簡単でためしてみたくなるレシピがいっぱいなので、本作を読めばあなたもキッチンに立ちたくなるはず!?

≪記事の続きはコチラから≫

12月15日 「交響曲第9番」(アントニン・ドヴォルザーク作曲)が出版された日

Shinsekaiyori_s01

『新世界より』 第1巻
貴志祐介(作) 及川徹(画) 講談社 \429+税

1893年のこの日、ドヴォルザークの「交響曲第9番」の楽譜が初出版されました。
この交響曲の副題は、『新世界より』。……カ、カッコイイ!!
そんな交響曲『新世界より』からタイトルをつけられた、大ヒット小説のコミカライズが本作。
1000年後の日本をを舞台に、超能力「呪力」を持った人類の物語。一見、予想されるのは能力バトルものが予想されますが、そのじつ……。かわいい画と練り込まれたストーリーに引きこまれること間違いなしです!
ちなみに、マンガ本編でも交響曲『新世界より』が登場するので、そちらも要チェック!!

≪記事の続きはコチラから≫

12月16日 戦艦大和が就役した日

swenkanyamatotoreisen

『このマンガがすごい!Comics 戦艦大和と零戦 ―日本海軍 激闘の記録』
かわぐちかいじ、三島衛里子、松田大秀、
滝沢聖峰、藪口黒子、もりやてつみ、小林たけし(著)
宝島社 \590+税

1941年12月16日、大日本帝国海軍の大和型戦艦一番艦「大和」が就役しました。
日本海軍史上最大の戦艦にして、もっとも有名な戦艦「大和」と、これまた第二次世界大戦期を通じての名機として名を馳せる「零戦」。これら二大兵器をテーマにした、アンソロジーコミックが本作です。
『沈黙の艦隊』『ジパング』など、海軍マンガでおなじみのかわぐちかいじを始め、超豪華な執筆陣に加え、読後付録も充実しています。
なんと、それは“あの頃”を知る当事者へのスペシャルインタビュー!! ということは、もしかして本当に「大和」に載っていた方の話が……!?

≪記事の続きはコチラから≫

12月17日 星野リリィ(漫画家)の誕生日

kigurumiBOUEITAI_s01

『きぐるみ防衛隊』 第1巻
星野リリィ 講談社 \590+税

この日は、漫画家・星野リリィの誕生日。
漫画家としても有名な星野リリィですが、人気アニメ『輪るピングドラム』でキャラ原案を担当し、多彩な活躍をしていたことをご存じでしょうか。
そんな彼女が、少女マンガ誌「なかよし」で連載中なのが本作『きぐるみ防衛隊』です。
中学2年生の笹倉はっかのもとに突如現れたのは謎の動く着ぐるみ! はっかは彼(着ぐるみはオスなのです)とともに世界を守ることに。
じつは、この着ぐるみ、〇〇をすることで短時間だけ元の姿に戻ることができるのですが……。 ○○の中身はいったい?

≪記事の続きはコチラから≫

12月18日 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開日

DarthVaderANDluke_s

『ダース・ヴェイダーとルーク(4才)』
ジェフリー・ブラウン(著) 富永晶子(訳) 辰巳出版 \1,200+税

この日は、『スター・ウォーズ』の第7作目、エピソード7『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開日でした。
「遠い昔。遥か彼方の銀河系で……」という伝説のオープニングを再び目にできたことに、世界中のファンが歓喜したのが記憶に新しいですね。
『スター・ウォーズ』といえば、ダース・ヴェイダー。 そんな彼のこんな姿を目にするとは! という内容の、『ダース・ヴェイダーとルーク(4才)』。
まさかのパパとして苦闘するダース・ヴェイダー。超キュート……!
迷えるパパよ。「フォースと共にあらんことを」!!

≪記事の続きはコチラから≫

単行本情報

  • 『地獄先生ぬ~べ~』 第5巻 Amazonで購入
  • 『壬生義士伝』 第1巻 Amazonで購入
  • 『あさひごはん』 第1巻 Amazonで購入
  • 『新世界より』 第1巻 Amazonで購入
  • 『このマンガがすごい!Comics… Amazonで購入
  • 『きぐるみ防衛隊』 第1巻 Amazonで購入
  • 『ダース・ヴェイダーとルーク… Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]