このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【インタビュー】板垣巴留『BEASTARS』 今年最注目新人漫画家・板垣巴留の1万字インタビュー、後編公開!

2018/07/05


描くことを通して未知のものに触れ、発見するのが楽しい!

――本作は、動物の生態そのものがカギでありつつ、“人間くさい”葛藤が描かれているマッチングが、斬新なのだと思います。なかでも、性愛と食欲を絡ませたところは衝撃的でした。

初めて行った裏市で、レゴシは己の本能の威力を改めて知ることとなる。

板垣 そこは自然に思いついていたことで……『BEAST COMPLEX』にもオオカミとラクダの話があります。特別な感情が芽生えて「女性が男性を食べるシーン」を描きたいと思っていたんです。

――レゴシとハルがラブホテルに行くところは、大きな山場でしたね。

板垣 あの回は、とても描いてみたかったシーンです。2人がそういう状況になったらどうなるのかと……。描くことを通して、未知のものに触れるのは楽しいです。

食欲と性欲が混在する世界で、ラブホテルに2匹っきりになってしまったハルとレゴシ……この続きはぜひコミックスで!

――2人がどうなるか、ネームを描き始めるまで決めていなかったんですか?

板垣 はい。描いてみないとわからないということは、けっこうありますね。キャラが、自分が想定してたプロットとは違う動きをしていくということは、最近より増えてきました。その分ネームにすごく時間がかかるんですけど、前よりそれが不安じゃなくなってきました。少しは、それでもなんとかできるという自信がついたのかもしれません。

――読者さんからの声で印象に残っていることはありますか?

板垣 レゴムのたまごサンドの回(第3巻収録・第20話)や、SNSの回(第8巻収録・第70話)を好きだといってくださる方が意外に多いことです。

板垣先生のかぶりものにもなっている人気キャラ"レゴム"がメイン回となった第20話では、食欲と性愛が混在する世界観が顕著に描きだされた。

――たまごサンドの回、インパクトありましたよね。隣の席の女子(※メンドリ)が産んだ卵のたまごサンドを食べてるって、なんだか衝撃的で。SNSの話は、まさに旬の話題というか!

いかに"いいね!"がつく写真をあげられるかの投稿合戦! 身に覚えのある方も多いのでは?

板垣 あれは……仕事場でいつも私が「インスタ映え」を罵倒してるのを、仕事場のみんなが「うっとうしいな」と思ってるのを感じはじめたので、ここはマンガに描いてサッパリしないとダメだなと(笑)。ちょうどこれを描いてる頃、テレビでも、なにかにつけては「インスタ映え」って連呼していて。周りの目を意識して自分の生活にきれいなフィルターをかけて投稿するっていうのは、私には理解できない価値観ですが、ある真理なんだろうなと思って。本当はもっと毒づきたかったのですが、ピーチちゃんとシイラが案外あっさり仲よくなっちゃって。

いいね!のためでなく、純粋にツーショットを撮れる仲になった2匹の姿がほほえましい。
第8巻の巻末には、この時撮った写真をみることができる。

――勝手に仲よくなっちゃった?

板垣 思ったよりシイラがいい子だったり、ピーチちゃんもかわいい面があったりで……キャラが動いてしまったら自分も干渉できないし……。

単行本情報

  • 『BEASTARS』vol.1 Amazonで購入
  • 『BEASTARS』vol.2 Amazonで購入
  • 『BEASTARS』vol.3 Amazonで購入
  • 『BEASTARS』vol.4 Amazonで購入
  • 『BEASTARS』vol.5 Amazonで購入
  • 『BEASTARS』vol.6 Amazonで購入
  • 『BEASTARS』vol.7 Amazonで購入
  • 『BEASTARS』vol.8 Amazonで購入
  • 『BEAST COMPLEX』 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]