このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

【実写映画公開記念】 幸田もも子『ヒロイン失格』インタビュー 『ヒロイン失格』映画化は、10年越しの片想いが実らなかった“あの”カレへの復讐!?

2015/10/05


人気漫画家のみなさんに“あの”マンガの製作秘話や、デビュー秘話などをインタビューする「このマンガがすごい!WEB」の大人気コーナー。

今回お話をうかがったのは幸田もも子先生!

現在大ヒット公開中の映画『ヒロイン失格』の作者・幸田もも子先生へのインタビュー第2弾です!
幼なじみに10年もの片想いをしている、特技は変顔(!?)な女子高生・はとり、はとりに想いを寄せられながらも、地味な女の子・安達に告白されてつきあうなど、優柔不断な態度をとる利太、はとりに興味津々のモテ男・弘光。
3人の恋のゆくえに爆笑&胸きゅん必至の学園ラブコメディ『ヒロイン失格』のキャラクターのモデルや、弘光の兄が登場する、現在「別冊マーガレット」に連載中の教師×生徒のラブコメディ『センセイ君主』についてたっぷりお話を聞かせていただきました。

インタビュー第1弾はコチラから!

原作者:幸田もも子

東京都生まれ。2002年に「たまごやき」でデビュー。2010年に「別冊マーガレット」にて『ヒロイン失格』が連載スタート。2015年9月19日(土)から、同作の実写映画が公開される。
現在は同誌で『センセイ君主』を連載中。(既刊7巻)

オフィシャルブログ:「幸田日和」
Twitter:@momokokouda

映画:『ヒロイン失格』

9月19日(土) 新宿ピカデリー他全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース 映画
監督:英 勉
キャスト:桐谷美玲(松崎はとり役)、山﨑賢人(寺坂利太役)、坂口健太郎(弘光康祐役)、福田彩乃(中島杏子役)、我妻三輪子(安達未帆役)など

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/heroine-shikkaku/
公式Twitter:@heroine_movie
公式instagram:Heroine_shikkaku

『ヒロイン失格』は幸田先生の長〜い片思いの結晶だった

――監督さんは、まず『ヒロイン失格』をタイトルにひかれて手に取ったそうで。これが映画化のきっかけになったわけですね。

幸田 『ヒロイン失格』は初代の担当さんがつけたんです。最初はかわいくないタイトルだと思ったんですけど……。

――でも、この「ヒロイン」というキーワードは、作品のなかでもけっこう使われていますよね。

幸田 そうですね。どうせだからどんどん使っていこうと。

KOUDAMOMOKO02A
少女マンガなのに、タイトルが『ヒロイン失格』。一瞬、「えっ!? どういうこと!?」となった方も多いでしょうが、でも、最終話を読めば納得ですよね!

少女マンガなのに、タイトルが『ヒロイン失格』。一瞬、「えっ!? どういうこと!?」となった方も多いでしょうが、でも、最終話を読めば納得ですよね!

実写映画内で、4人でボーリングをしているシーン。ここでは、はとりと仲よさげな弘光に嫉妬した利太の「はとりのことは俺が一番わかってる」アピールが見れます!

実写映画内で、4人でボーリングをしているシーン。ここでは、はとりと仲よさげな弘光に嫉妬した利太の「はとりのことは俺が一番わかってる」アピールが見れます!

――そもそも、ご自身の経験をマンガにしようと思ったのはなぜですか?

幸田 私の人生、ほとんどの期間、利太のモデルになった幼なじみのことが好きだったんですよね。とはいえ、ほかに彼氏がいたりはして……そこが、はとりっぽいんですけど。ずっとその人が好きなくせに、告白されるとほかの人とつきあっちゃう。それでも、彼の存在はずっとあって。いつか絶対マンガ化して、映画化もされちゃうようなすごい話にしてやる、じゃなきゃ割が合わないくらいに思っていて(笑)。

――何年くらい片思いしてたんですか?

幸田 小学5年生から21歳くらいまで。

――うわっ、長いですね!

幸田 その幼なじみというのが、ホント、利太みたいにズルいやつなんですよ、思わせぶりな態度ばっかして。私の気持ちにはこたえてくれないのに、私が離れそうになるとグイッと引き戻す。ほかの男の子の前で、私のことを一番知ってるのはオレなんだぜみたいなアピールしてくるし。で、私もそれを心地いいと思っちゃうような負の連鎖から全然抜け出せない(笑)。

KOUDAMOMOKO02C
男の子の独占欲とかやきもちって、ささいなことでもやっぱりうれしい!

男の子の独占欲とかやきもちって、ささいなことでもやっぱりうれしい!

――でもまあ、めでたく回収できましたね(笑)。

幸田 今でも、彼と親交はあるんですよ。彼が結婚するときにウェルカムボードを描いてくれ、と残酷なことを頼まれて。結婚式ではスピーチもしたし、受付もやりましたからね。その打ち合わせで会ったとき、「じつはきみをモデルにしてマンガ描いたんだよ」って言ったんです。もう9巻くらいまで出てるころ。そしたら次の日に全巻買って読んだらしくて……「まんまじゃないかよ」ってメールきました(笑)。

――やってやりましたねぇ!!

幸田 やってやりましたとも! ……というわけで彼とは今でも仲よしです。

編集 考えてみれば、でっかいラブレターですね。

幸田 最初はロングラブレターのつもりで描いていたんですが、途中から「これは復讐だ!」みたいなモードになったり(笑)。


単行本情報

  • 『ヒロイン失格』第1巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第2巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第3巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第4巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第5巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第6巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第7巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第8巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第9巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格』第10巻 Amazonで購入
  • 『ヒロイン失格 映画ノベライ… Amazonで購入
  • 『映画ノベライズ ヒロイン失… Amazonで購入
  • 『センセイ君主』第1巻 Amazonで購入
  • 『センセイ君主』第2巻 Amazonで購入
  • 『センセイ君主』第3巻 Amazonで購入
  • 『センセイ君主』第4巻 Amazonで購入
  • 『センセイ君主』第5巻 Amazonで購入
  • 『センセイ君主』第6巻 Amazonで購入
  • 『センセイ君主』第7巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]