このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

来週は、なんのマンガを読めばいい?(5月8日~5月14日)【きょうのマンガ まとめ】

2017/05/07


1年365日、そのどれもが何かの記念日です。

そんな「きょうは何の日?」にちなんだマンガを紹介するコラムが「きょうのマンガ」コーナー。
毎日、その日が始まる午前0時ちょうどに更新されている「このマンガがすごい!」の人気コーナーです。この記事では、来週1週間の「きょうのマンガ」をまとめて紹介しちゃいます!
この「きょうのマンガまとめ」は前週の日曜日に、“来週読むべきマンガ”をお知らせしまーす♪
もちろん、毎日の「きょうのマンガ」は、今までどおり、日々更新していきますよー。

それでは、5月8日~5月14日までの「きょうのマンガ」をどうぞ!

5月8日~5月14日の「きょうのマンガ」

5月8日 声の日

sonnaKOEdasichaIYA_s01

『そんな声だしちゃイヤ!』第1巻
しがの夷織 小学館 ¥390+税


今日5月8日は声の日。
いい声・素敵な声の人を増やすことで、みんなをハッピーにしよう!という日だそうです。
そこで今回は、声優ものマンガのなかでも、特に「魅了する声」のキャラが登場する『そんな声だしちゃイヤ!』をご紹介いたします。

新人アイドル声優・綾瀬雛は、天才声優・蓮未ユキの美声とルックスにひとめぼれしてしまう。
耳もとで蓮未にひと声囁かれただけで、雛は脳トロ状態になってしまうのです。
そして、声優ならでは(?)のアブノーマルなプレイが盛りだくさん!
エッチなことをする場所も、普通ではありえないところでしてしまい……!?

読みながら、そんな声出しちゃイヤですよ♡

≪記事の続きはコチラから≫

5月9日 呼吸の日

jojonium_s05

『JOJONIUM ジョジョの奇妙な冒険 [函装版]』 第5巻
荒木飛呂彦 集英社 ¥1,429+税


5月9日は「呼吸の日」。
わたしたち人間の呼吸法には、肋骨を閉じ開きする胸式呼吸と、おなかを出したり引っ込めたりして横隔膜を上下させる腹式呼吸があります。

そこで今回は、「呼吸」がバトルの超重要なファクターとなる、このマンガをご紹介!

「呼吸法」がパワーの源である「波紋」は、『ジョジョ』の第1部と2部の中核をなす能力であり、その呼吸法を鍛えるために欠かせないのが、「呼吸法矯正マスク」です!
第2部では、ジョセフ・ジョースターがこのマスクを使って特訓をするのですが、波紋を生み出すための呼吸が乱れると……
とんだ拷問を味わえるのだッ!!

≪記事の続きはコチラから≫

5月10日 リプトンの日

SuperSeichunBrothers_s01

『SSB -超青春姉弟s(スーパーセイシュンブラザーズ)-』 第1巻
慎本真 ほるぷ出版 ¥571+税


5月10日は紅茶でおなじみ「リプトン」の創業者トーマス・リプトンが生まれた日として、ユニリーバ・ジャパンが制定した「リプトンの日」です。
今回は、ティータイムにほどよく肩の力を抜いて読める甘めのマンガ『SSB -超青春姉弟s-』をご紹介。

元気で明るくちょっとおバカな性格がそっくりの新本姉弟、どこかミステリアスな不思議系の斉藤姉弟。性格は正反対だけれども、姉同士と弟同士は親友。
2組の姉弟と親友たちの日常と恋心を描いた青春コメディです。

ぬるい感じのまま、ハッピーエンドを迎えるのかと思いきや、じつは0話ですでに結末が描かれているのです!
その結末とは……

≪記事の続きはコチラから≫

5月11日 アドルフ・アイヒマン(ドイツ軍人)が拘束された日

ADOLFnitsuguBunko_s01

『手塚治虫文庫全集 アドルフに告ぐ』 第1巻
手塚治虫 講談社 ¥850+税


本日5月11日は、ナチス・ドイツの将校であるアドルフ・アイヒマンが、イスラエルの諜報機関モサドによって拘束された日です。
今回紹介するマンガは、そのアイヒマンが登場する『アドルフに告ぐ』。
第二次世界大戦前後の時代、3人のアドルフたちが、時の流れに翻弄される姿が描かれている本作。
3人のアドルフとは、ドイツ人と日本人のハーフの少年アドルフ・カウフマンと、その親友であるユダヤ人のアドルフ・カミル、そしてアドルフ・ヒトラーのこと。

……あれ?アイヒマンは出てこないのか……!?
と、思う方もいるかもしれませんが、本作におけるアイヒマンの役割は……。

≪記事の続きはコチラから≫

5月12日 ドイツが「満州国」を承認した日

kijimaNIKKI_s01

『木島日記』 上巻
大塚英志(作) 森美夏(画) KADOKAWA ¥700+税


1938年の5月12日、ドイツが当時、日本の傀儡国家だった満州国を独立国として承認した日です。
マンガ『木島日記』は、この時代を舞台に奇想に満ちた物語が展開されます。

舞台は昭和初期の東京。民俗学者の折口信夫は、古書店「八坂堂」に迷い込む。
そこには奇怪な仮面で顔を覆った店主・木島平八郎がいて、彼は信じられないような自らの素性を語り始める。
以来、折口は奇妙な事件に巻き込まれるようになり……!?

なんとドイツで迫害されている、あの民族が満州国に移住計画を立てていたことが……!?

≪記事の続きはコチラから≫

5月13日 「巌流島の決闘」が行われた日

MUSASHIbunko_s01

『ホーム社漫画文庫 ムサシ』 第1巻
小池一夫(作) 川崎のぼる(画) ホーム社 ¥552+税


きょうは巌流島の決闘が行われた日。
巌流島の決闘を題材にした作品は枚挙にいとまがないのですが、今回は、マンガ『ホーム社漫画文庫 ムサシ』をご紹介。

野武士であるムサシは、ある日鍛冶師のコジローと出会う。
仲間を殺されたムサシと、両親を殺されたコジローは、山にこもって刀づくりにいそしむ。

やがて2人は長刀をつくりあげ、そこでコジローが「試し切り」と称して、通りすがりの浪人に勝負を挑むが、その相手は……まさかの佐々木小次郎!?
そして、この戦いの行方は……。

≪記事の続きはコチラから≫

5月14日 世界初のアメリカンフットボールの試合が行われた日

EyeShield_s01

『アイシールド21』 第1巻
稲垣理一郎(作) 村田雄介(画) 集英社 ¥390+税


1874年の今日5月14日は、ハーバード大学で世界初のアメリカンフットボールの試合が行われた日です。
そんな今日という日に紹介したいのが、原作・稲垣理一郎、漫画・村田雄介による『アイシールド21』。

私立泥門(でいもん)高等学校に通う気弱な高校生・小早川瀬那は、アメフト部「泥門デビルバッツ」に主務として入部した。
しかし、あることがきっかけで、主将・蛭魔妖一に目をつけられ、強制的に選手にされてしまう。
そして瀬那は、ついに春大会まで出場し……!?

≪記事の続きはコチラから≫

単行本情報

  • 『そんな声だしちゃイヤ!』第… Amazonで購入
  • 『JOJONIUM ジョジョの奇妙な… Amazonで購入
  • 『SSB -超青春姉弟s(スーパ… Amazonで購入
  • 『手塚治虫文庫全集 アドルフ… Amazonで購入
  • 『木島日記』第1巻 Amazonで購入
  • 『ホーム社漫画文庫 ムサシ』 … Amazonで購入
  • 『アイシールド21』 第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]