このマンガがすごい!WEB

一覧へ戻る

今週は、なんのマンガを読めばいい?(2月8日~2月14日)【きょうのマンガ まとめ】

2016/02/08


1年365日、そのどれもが何かの記念日です。

そんな「きょうは何の日?」にちなんだマンガを紹介するコラムが「きょうのマンガ」コーナー。
毎日、その日が始まる午前0時ちょうどに更新されている「このマンガがすごい!」の人気コーナーです。この記事では、2015年に配信された「きょうのマンガ」から、この1週間の「きょうのマンガ」をまとめて紹介しちゃいます!
もちろん、毎日の「きょうはなんの日」は、今までどおり、日々更新していきますよー。

それでは、2月8日~2月14日までの「きょうのマンガ」をどうぞ!

2月8日~2月14日の「きょうのマンガ」

2月8日 黒部トンネルが貫通した日

KUROBEhikyouMONOGATARI_s

『集英社漫画文庫 黒部秘境物語 破砕帯をぬけ』
弓一人 集英社 ¥280+税


1959年のこの日、富山県の黒部川水系黒部川に日本最大級のダム・黒部ダムから発電所につながる「黒部トンネル」が貫通したことにちなんで、その過酷なダム建築の様子を描いたマンガをご紹介。

高度経済成長期の巨大建築ラッシュ。なかでも多くの工事従事者を悩まされた“破砕帯”についての非常にわかりやすい解説がポイント。じつはすごく“命がけ”の戦いなんです……!

≪記事の続きはコチラから≫

2月9日 漫画の日

NeoFaust_s

『朝日文庫 ネオ・ファウスト』
手塚治虫 朝日新聞社 ¥660+税


マンガをとりあげる「このマンガがすごい!WEB」なら絶対はずせない記念日、それが「漫画の日」でしょう。
ただし、「漫画の日」にも制定した組織によっていくつかの日付があるってことをごぞんじでしたか? 記事にはそのあたりにも触れられていますよ!

この日の根拠が偉大な漫画家・手塚治虫の命日ということで、絶筆となった“最期のマンガ”にして未完の傑作『ネオ・ファウスト』をご紹介します。読めば、手塚の“願い”が見えてくる……!?

≪記事の続きはコチラから≫

2月10日 簿記の日

kouninkaikeisiMOECHAN_s01

『女子大生会計士の事件簿 公認会計士萌ちゃん』第1巻
山田真哉(作)高野洋(画)集英社 ¥505+税


経済活動においてもっとも根本的な記録「簿記」の始祖は『学問のすゝめ』と慶應義塾そして一万円札で有名な福沢諭吉だってご存じでしたか?

この記事では簿記のはじまりと、楽しく読んでいると、経理の知識が学べちゃう、とってもお得なマンガをご紹介。
会計士をめざす人も、そうでない人も必見です!

≪記事の続きはコチラから≫

2月11日 建国記念日

KOJIKI_s01

『マンガ古典文学 古事記』〈壱〉
里中満智子 小学館 ¥1,600+税


≪記事の続きはコチラから≫

その由来はなんと紀元前!?
紀元前660年に初代天皇の神武天皇が即位した日にちなんで明治時代に制定された「紀元節」がもととなってできた、日本人全員で祝いたい記念日です。

神武天皇の事跡を記録した『古事記』と『日本書紀』のうち『古事記』をマンガ化した里中満智子の傑作を紹介します。
神武天皇こと神倭伊波礼毘古(カムヤマトイワレビコ)がいかなる人物だったかの? まずは記事を読んで、それからマンガも読んでみましょう。

2月12日 「菜の花忌」

saibaradake_s07

『サイバラ茸』第7巻
西原理恵子 講談社 ¥1,800+税


作家の文学的な業績をしのぶため、その命日を雅号やペンネーム、代表作などにちなんで付けられた日を「文学忌」と呼ぶそうです。
2月12日は、1996年に亡くなった小説家・司馬遼太郎が好きだった花と彼の著作にちなんだ文学忌“菜の花忌”です。

司馬遼太郎が小説の主人公に取りあげた人物と漫画家・西原理恵子の意外な縁とは!?

≪記事の続きはコチラから≫

2月13日 「グリコ・森永事件」が時効を迎えた日

pikaro_s01

『ピカロ』第1巻
白瀬透 小学館 ¥552+税


1984年に発生し、一種の社会現象ともなった稀代の“劇場型犯罪”「グリコ・森永事件」が時効を迎えた日にちなんで、この事件をモデルとしたマンガをご紹介。

1984年の大阪にタイムスリップしたフリーライターが、のちに「昭和最大の未解決事件」と呼ばれる事件の発生中に出くわすというスリリングなストーリーの作品です。バブル前夜というこの時代の浮かれた雰囲気にも注目。

≪記事の続きはコチラから≫

2月14日 ふんどしの日

MahoujinGURUGURU2_s01

『魔法陣グルグル2』第1巻
衛藤ヒロユキ スクウェア・エニックス ¥562+税


2月14日といえば「聖バレンタインデー」というあまりにもイージーな発想は「きょうのマンガ」では禁じ手。
そんなナンパな企画はこーゆーのにお任せするとして、皆様とともに生き、ともに成長する「きょうのマンガ」が選ぶのは……そう、「ふんどしの日」です!

制定者の日本ふんどし協会に多大なるリスペクトを払いつつお送りするマンガは、伝説的ゲーム『ドラゴンクエスト』を経由してなぜか『魔法陣グルグル』へ。
ちょっと理解不可能なこの四次元的ルートは、この日の記事でしか読めませんよっ!!

≪記事の続きはコチラから≫

単行本情報

  • 『集英社漫画文庫 黒部秘境物… Amazonで購入
  • 『朝日文庫 ネオ・ファウスト』 Amazonで購入
  • 『女子大生会計士の事件簿 公… Amazonで購入
  • 『マンガ古典文学 古事記』〈… Amazonで購入
  • 『サイバラ茸』第7巻 Amazonで購入
  • 『ピカロ』第1巻 Amazonで購入
  • 『魔法陣グルグル2』第1巻 Amazonで購入

関連するオススメ記事!

アクセスランキング

3月の「このマンガがすごい!」WEBランキング

  • shinjin_09_minibanner
  • konomanweb_top_0419
  • MangaFree_banner
  • 逆転裁判4[300×65]